Profession Journal » 労務・法務・経営 » 経営 » 中小企業経営者の[老後資金]を構築するポイント 【第7回】「生命保険を使った応用的な資産対策」

中小企業経営者の[老後資金]を構築するポイント 【第7回】「生命保険を使った応用的な資産対策」

筆者:税理士法人トゥモローズ

文字サイズ

中小企業経営者

[老後資金]を構築するポイント

【第7回】

「生命保険を使った応用的な資産対策」

 

税理士法人トゥモローズ

 

前回は生命保険を活用した基本的な相続・事業承継対策について解説を行ったが、今回は経営者の資産構築を目的とした応用的な内容について解説をしていく。

保険に関する節税プランは、生命保険会社が税法・通達を研究した上で新しい商品を発売し、国税側が行き過ぎた節税商品を封じ込めるといった、いたちごっこのような状況が続いている。今回はその一例として、「低解約返戻金型逓増定期保険 名義変更プラン」と「逆養老保険 逆ハーフタックス」を取り上げたい。

なお、中小企業経営者の老後資金構築を目的とした上で、保険は提案すべき有用な手段であることに間違いはないが、「契約時(入口)の課税関係」と「将来の出口における課税関係」とが変わっている可能性もあるため、コンサルティングを行う立場としては、各保険商品の内容や抱えるリスクを理解し見極めながら提案する必要がある。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

関連書籍

関連セミナー/研修

Profession Journal » 労務・法務・経営 » 経営 » 中小企業経営者の[老後資金]を構築するポイント 【第7回】「生命保険を使った応用的な資産対策」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home