Profession Journal » 労務・法務・経営 » 経営 » [新型コロナウイルスを乗り越えるための]中小企業の経営相談 【第3回】「債権回収と連鎖倒産回避」

[新型コロナウイルスを乗り越えるための]中小企業の経営相談 【第3回】「債権回収と連鎖倒産回避」

筆者:山口 智寛, 山田 正貴

文字サイズ

※この連載は一般会員(無料)にご登録いただくとご覧いただけます。

[新型コロナウイルスを乗り越えるための]

中小企業経営相談

【第3回】

「債権回収と連鎖倒産回避」

 

虎ノ門第一法律事務所
弁護士 山口 智寛

株式会社バンカーズ・アイ
代表取締役 山田 正貴

 

-相談内容-

当社はコロナショックのあおりを受けて、売上げが激減してしまっています。

なんとか資金繰りの目処はつきましたが、得意先に対する売掛金の未収分が蓄積しており、得意先が倒産して売掛金が回収できなくなれば、当社も連鎖倒産を免れません。

このような事態を防ぐには、どうすれば良いでしょうか。


○この記事全文をご覧いただくには、プロフェッションネットワークの会員(プレミアム会員又は一般会員)としてのログインが必要です。
○通常、Profession Journalはプレミアム会員専用の閲覧サービスですので、プレミアム会員のご登録をおすすめします。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

  • 山口 智寛

    (やまぐち・ともひろ)

    弁護士
    虎ノ門第一法律事務所 パートナー

    2004年3月 東京大学法学部卒業
    2007年9月 弁護士登録
    2012年11月~現在 経営革新等支援機関(経済産業省)
    2015年11月~現在 中小企業国際化支援アドバイザー(中小企業基盤整備機構)

    M&A、事業再生、その他企業法務全般を専門とする。中国(大連・大連交通大学)及び台湾(台北・国立台湾大学)への留学経験を活かして、中国・台湾関連業務をもう1つの専門としている。

    *  *  *

    《虎ノ門第一法律事務所》
    様々な得意分野を有する弁護士が所属し、多種多様な規模・業種の企業の案件をはじめ、個人の相続・離婚、企業・個人の債務整理(事業再生・民事再生・破産)、刑事事件といった幅広い案件を取り扱う。セミナー、講演、著書等の実績も多い。

  • 山田 正貴

    (やまだ・まさたか)

    株式会社バンカーズ・アイ 代表取締役

    1996年4月 みずほ銀行(旧第一勧業銀行)入行
    2007年4月 ナカタケ株式会社(中国系企業:家具製造卸売業)常務取締役
    2013年2月 株式会社バンカーズ・アイ設立、代表取締役就任

    中小企業向けの財務改善支援、資金調達支援を業務とする。建設、メーカー、商社、医療、アパレル、サービス業等の幅広い業種の企業を対象に、「3ヶ月先の日繰り資金繰り表の導入」「適正な月次決算の実施」による「経営数値の見える化」を実現し、経営改善を実現している。

関連書籍

関連セミナー/研修

Profession Journal » 労務・法務・経営 » 経営 » [新型コロナウイルスを乗り越えるための]中小企業の経営相談 【第3回】「債権回収と連鎖倒産回避」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home