Profession Journal » 税務・会計 » 税務 » 解説 » 〔巻頭対談〕 川田剛の“あの人”に聞く 「山田二郎 氏(弁護士)」【後編】

〔巻頭対談〕 川田剛の“あの人”に聞く 「山田二郎 氏(弁護士)」【後編】

筆者:山田 二郎, 川田 剛

文字サイズ

〔巻頭対談〕

川田剛の“あの人”に聞く

「山田二郎 氏(弁護士)
【後編】

このコーナーでは、税理士の川田剛氏が聞き手となり、税法・税実務にまつわる第一人者から、これまでの経験や今後の実務家へ向けた話を聞いていきます。
今回は日本の税務訴訟のパイオニアである山田二郎弁護士をお迎えしました。

(収録日:2015年9月15日)

〔語り手〕山田 二郎(弁護士)
(写真/右)
〔聞き手〕川田 剛(税理士)
(写真/左)

 

租税法律主義の歴史的背景を知ってほしい

川田

では次に、このWeb雑誌を読んでおられる若い人たちへ向けたお話をお伺いしていきたいと思います。

まずは、これから租税法を勉強しようという人たちに、先生から「こういうふうに取り組んだらいいんじゃないか」といったアドバイスをいただけますか。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

連載目次

「川田剛の“あの人”に聞く」

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

  • 山田 二郎

    (やまだ・じろう)

    ・昭和28年3月
     京都大学法学部(旧制)卒業
    ・昭和28年4月
     司法修習生(七期)
    ・昭和30年4月
     裁判官に任官
     佐賀地方家庭裁判所判事補、大阪地方裁判所判事補(主に行政事件訴訟を担当)、東京高等裁判所判事、東京地方裁判所総括判事(昭和36年4月から昭和52年3月まで法務省に出向、法務省訟務局参事官、第五課長(租税訴訟の主管課長))等を歴任
    ・昭和59年4月
     裁判官を退官。東海大学法学部教授(税法専攻)
    ・同年7月
     弁護士登録(第二東京弁護士会)
    ・昭和61年6月
     カリフォルニア大学、ハーバード大学に客員研究員として海外研究(昭和62年7月末まで)
    ・平成6年4月
     東海大学法学部長(平成8年3月末まで)
     東海大学法学研究科委員長(平成8年3月末まで)

    【主な学会活動】
    ・元租税法学会理事、日本税法学会名誉理事
    ・公法学会会員、土地法学会評議員、財政法学会名誉理事
    ・租税訴訟学会会員(会長)

    【主な著書】
    ・『税法講義第2版』(2001年、信山社)
    ・『実務 租税法講義』編集代表(2005年、信山社)
    ・『租税法の解釈と展開(1)、(2)』(2007年、信山社)
    ・『租税法重要判例解説(1)、(2)』(2007年、信山社)

  • 川田 剛

    (かわだ・ごう)

    税理士
    税理士法人 山田&パートナーズ 会長

    昭和42年東京大学卒業。昭和49年大阪国税局柏原税務署長。昭和51年人事院在外研究員(南カリフォルニア大学)。昭和53年在サンフランシスコ日本国総領事館領事。昭和58年仙台国税局調査査察部長。昭和62年国税庁調査査察部国際調査管理官。同年国税庁長官官房国際業務室長。平成7年仙台国税局長。平成9年国士舘大学政経学部教授、学習院大学法学部講師、税務大学校講師(国際租税セミナー特別コース)、明治大学商学部・大学院講師
    明治大学専門職大学院グローバルビジネス研究科教授

    【主要著書】
    『中国進出企業のための移転価格税制ハンドブック』(共著,同文館出版)、『Q&A海外勤務者に係る税務(改訂版)』(税務経理協会)、『税金ガイド〈26年版〉 – 英和対照』(財経詳報社)、『租税法入門(11訂版)』(大蔵財務協会)、他多数

関連書籍

関連セミナー/研修

Profession Journal » 税務・会計 » 税務 » 解説 » 〔巻頭対談〕 川田剛の“あの人”に聞く 「山田二郎 氏(弁護士)」【後編】

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home