Profession Journal » 税務・会計 » 税務 » 解説 » 消費税・地方消費税 » 事業年度中の消費税率引上げに関する企業対応

事業年度中の消費税率引上げに関する企業対応

筆者:金井 恵美子

文字サイズ

事業年度中消費税率引上げに関する企業対応

 

税理士 金井 恵美子

 

1 10月1日の税率引上げ

消費税の税率は、2019年10月1日に10%(※1)となる。

これまで、消費税法の施行、3%から5%への税率引上げ、5%から8%への税率引上げは、下記のように、その施行日がすべて4月1日であった。したがって、3月末決算法人は、事業年度(※2)の途中で消費税の税率を変更した経験がない。

このため2019年度においては、期中における税率変更と軽減税率の導入という、初めての、2つのハードルを同時に越えなければならない。これに対応するため、検討すべき事項を確認してみよう。

  • 消費税法(税率3%)・・・1989年4月1日施行
  • 5%への税率引上げ・・・・1997年4月1日施行
  • 8%への税率引上げ・・・・2014年4月1日施行
  • 10%への税率引上げ・・・・2019年10月1日施行

(※1) 国税である消費税7.8%と地方消費税2.2%の合計税率。以下「税率」は、合計税率を示すこととする。

(※2) 原則として、法人の事業年度が消費税の課税期間となる(消法19①二)。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

  • 金井 恵美子

    (かない・えみこ)

    税理士

    1993年 税理士登録、金井恵美子税理士事務所開設
    現在 近畿大学大学院法学研究科非常勤講師、近畿税理士会法律・税務審理室審理員

    【主著・論文】
    プロフェッショナル消費税の実務』清文社、2018年
    建設業のための消費税Q&A』清文社、2014年
    消費税・軽減税率の検証 制度の問題点と実務への影響をめぐって』(共著)清文社、2014年
    『11訂版 実務消費税ハンドブック』コントロール社、2017年
    『一夜漬け相続税・贈与税 遺すため受け継ぐための入門書』税務経理協会、2017年
    『「できる!」経理担当者入門 一夜漬け消費税〔三訂版〕』税務経理協会、2015年
    「所得税法第56条の今日的存在意義について』2003年(第26回日税研究賞入選) 他、多数

関連書籍

関連セミナー/研修

Profession Journal » 税務・会計 » 税務 » 解説 » 消費税・地方消費税 » 事業年度中の消費税率引上げに関する企業対応

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home