Profession Journal » 税務・会計 » 税務 » 解説 » 消費税・地方消費税 » 〔平成9年4月改正の事例を踏まえた〕 消費税率の引上げに伴う実務上の注意点 【第3回】税率変更の問題点(2) 「レジスター等のシステム変更」

〔平成9年4月改正の事例を踏まえた〕 消費税率の引上げに伴う実務上の注意点 【第3回】税率変更の問題点(2) 「レジスター等のシステム変更」

筆者:島添 浩

文字サイズ

〔平成9年4月改正の事例を踏まえた〕

消費税率の引上げに伴う

実務上の注意点

【第3回】

税率変更の問題点(2)

「レジスター等のシステム変更」

 

アースタックス税理士法人
税理士 島添 浩

 

1 システムの変更について

現在使用しているレジスター等については、この税率変更に伴ってシステムの変更をしなければならない。
販売する商品等のバーコードラベルなどをバーコードスキャナで読み込んで集計するレジシステムの場合には、発行側のバーコードの情報変更と読取り側のレジシステムの情報変更の双方を行わなければならず、かなりの事務作業となるため、早急に対応策を検討しなければならない。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

  • 島添 浩

    (しまぞえ・ひろし)

    アースタックス税理士法人 代表社員
    http://www.earth-tax.com/
    税理士・CFP

    1991年中央大学商学部会計学科卒業。大手生命保険会社、会計事務所での勤務を経て2000年に税理士登録(島添税務会計事務所設立)。事務所の規模を拡大し、2006年アースタックス税理士法人を設立し代表社員に就任。

    現在、一般企業の税務顧問業の他、企業再編や相続事業承継対策など経営コンサルティング業務にも従事し、豊富な実務経験を活かして税法実務セミナーの講演(最近では「消費税法95%ルールの見直しで変わる消費税実務」、「消費税率変更に伴う実務対応ポイント」など)や執筆も数多くこなしている。

    また、1998年より資格の学校TACにて税理士講座、税法実務講座、FP講座にて税法の講師も務めており、実務に役立つ実践的な講義を行っている。

    【著書・論文】
    ・『みんなが知りたかった! 老後のお金』監修(TAC出版)
    ・『税率変更後に留意すべき消費税の実務』(税務研究会)
    ・『Q&A 改正消費税の経過措置と転嫁・価格表示の実務』共著(清文社)
    ・『イギリスの住宅・不動産税制』共著(財団法人日本住宅総合センター)
    ・『所得税入門講義』(TAC)
    ・『やるぞ!年収300万円からの確定申告』(株式会社リオ)
    ・「所得税・住民税の税率変更」『税経セミナー』(2007年3月号)
    ・「消費税法における仕入税額控除の適用要件について」『国士舘法研論集』(第3号)
    など

関連書籍

Profession Journal » 税務・会計 » 税務 » 解説 » 消費税・地方消費税 » 〔平成9年4月改正の事例を踏まえた〕 消費税率の引上げに伴う実務上の注意点 【第3回】税率変更の問題点(2) 「レジスター等のシステム変更」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home