Profession Journal » 税務・会計 » 税務 » 解説 » 所得税 » こんなときどうする?復興特別所得税の実務Q&A 【第36回】「国外転出(相続)時課税の適用を受ける場合の所得税及び復興特別所得税の処理」

こんなときどうする?復興特別所得税の実務Q&A 【第36回】「国外転出(相続)時課税の適用を受ける場合の所得税及び復興特別所得税の処理」

筆者:上前 剛

文字サイズ

こんなときどうする?

復興特別所得税の実務

【第36回】

「国外転出(相続)時課税の適用を受ける場合の
所得税及び復興特別所得税の処理

 

税理士・社会保険労務士 上前 剛

 

Question

平成27年10月5日、私の父(居住者)が亡くなりました。相続人は、私(居住者)、母(居住者)、弟(アメリカに在住。非居住者)の3人です。3人とも10月5日に相続の開始を知りました。10月5日時点の父の相続財産は、以下の通りです。

  • 預金残高
    ・・・500万円
  • 東京証券取引所に上場しているA社株式の10月5日の最終価格1万円に株式数1万株を乗じた額
    ・・・1億円

先日、遺産分割協議を行い、以下の通りに分割することになりました。

  • 母:預金250万円、A社株式5,000株
  • 私:預金125万円、A社株式2,500株
  • 弟:預金125万円、A社株式2,500株

国外転出(相続)時課税が創設されましたが、対象になるのでしょうか?

国外転出(相続)時課税についてご教示ください。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

連載目次

「こんなときどうする?復興特別所得税の実務Q&A」(全39回)

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

  • 上前 剛

    (うえまえ・つよし)

    税理士・特定社会保険労務士
    上前税理士事務所・上前社会保険労務士事務所

    平成7年 早稲田大学人間科学部卒業
    平成14年 社会保険労務士試験合格
    平成15年 社会保険労務士登録
    平成21年 税理士試験合格
    平成22年 税理士登録

    【著書】
    ・『税務コンプライアンスの実務』(共同執筆/清文社)
    ・『災害時の税務対応と危機管理~東日本大震災と税理士事務所の対策』(共著/ぎょうせい)

関連書籍

関連セミナー/研修

Profession Journal » 税務・会計 » 税務 » 解説 » 所得税 » こんなときどうする?復興特別所得税の実務Q&A 【第36回】「国外転出(相続)時課税の適用を受ける場合の所得税及び復興特別所得税の処理」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home