Profession Journal » 税務・会計 » 税務 » 解説 » 相続税・贈与税 » 相続税・贈与税の基本構造~日本と台湾の比較~ 【第3回】

相続税・贈与税の基本構造~日本と台湾の比較~ 【第3回】

筆者:八ッ尾 順一

文字サイズ

相続税・贈与税の基本構造

~日本と台湾の比較~

【第3回】
(最終回)

 

大阪学院大学法学部教授
公認会計士・税理士
八ッ尾 順一

 

4 日本と台湾の相違点の検討

上記の「」(第1回参照)及び「」(第2回参照)の内容を比較しながら、両国の相続税・贈与税の相違を確認し、その中で問題点を検討する。

(1) 遺産課税方式と遺産取得課税方式

遺産課税方式を採用している台湾において、何故に、相続人に係る各種控除(配偶者控除、父母控除等)があるのかという疑問がある。この点については、台湾の伝統的国民感情を考慮して、原則、人数に基づく控除の方法等を採っていると言われている。ただ、基本的には、「基本免税額」のみで、相続人に対する減免は金額が限られている。しかしながら、遺産課税方式を採用している以上、このような相続人に係る各種控除は矛盾しているともいえる。したがって、台湾の相続税は、純粋な遺産課税方式を採っているとはいえない。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

連載目次

相続税・贈与税の基本構造~日本と台湾の比較~

【第1回】

はじめに

1 遺産税体系と遺産取得税体系

2 日本の相続税・贈与税

【第2回】

3 台湾の相続税・贈与税

【第3回】

4 日本と台湾の相違点の検討

5 小括

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

関連書籍

関連セミナー/研修

Profession Journal » 税務・会計 » 税務 » 解説 » 相続税・贈与税 » 相続税・贈与税の基本構造~日本と台湾の比較~ 【第3回】

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home