Profession Journal » 労務・法務・経営 » 労務 » 労働基準関係 » 社長のためのメンタルヘルス  【第2回】「社長ならではのメンタルヘルスの重要性と難しさ」

社長のためのメンタルヘルス  【第2回】「社長ならではのメンタルヘルスの重要性と難しさ」

筆者:寺本 匡俊

文字サイズ

社長のためのメンタルヘルス

【第2回】

「社長ならではのメンタルヘルスの重要性と難しさ」

 

特定社会保険労務士
第一種衛生管理者
産業カウンセラー
寺本 匡俊

 

1 今回の趣旨・前回との関連

先月の連載第1回は、社長も従業員と同じく、生理学的・医学的には「生身の身体」であり、過重労働などのストレスにより、同じように不調を招きかねないという観点から、メンタルケアの大切さを説いた。

今回は、「従業員との違いについて」をテーマとする。社長には従業員にないストレスや、ずっと重い負担を日常的に抱えている。また、ストレス発散という観点からしても、経営者となれば、「体調不良を周囲に知られたくない」、「弱音は吐きづらい」等々、立場上の辛さがある。これらの要素を念頭に、ケアの難しさと対策案を考える。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

関連書籍

Profession Journal » 労務・法務・経営 » 労務 » 労働基準関係 » 社長のためのメンタルヘルス  【第2回】「社長ならではのメンタルヘルスの重要性と難しさ」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home