Profession Journal » 労務・法務・経営 » 法務 » 実質的支配者リスト制度の創設と企業への影響 【第2回】「実質的支配者リストの作成と添付書面」

実質的支配者リスト制度の創設と企業への影響 【第2回】「実質的支配者リストの作成と添付書面」

筆者:植木 克明, 北詰 健太郎

文字サイズ

実質的支配者リスト制度創設企業への影響

【第2回】
(最終回)

「実質的支配者リストの作成と添付書面」

 

貝塚司法書士事務所
司法書士 植木 克明 

司法書士法人F&Partners
司法書士 北詰 健太郎

 

法務局(商業登記所)における株式会社の実質的支配者(Beneficial Owner)リスト(以下「BOリスト」という)制度が創設され、2022年1月31日より制度が開始する。前回は、この制度が創設された背景や本制度の概要を解説した。

本稿では、本制度の対象となる実質的支配者の考え方を中心に、BOリストの作成の流れや添付書面について解説を行う。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

連載目次

実質的支配者リスト制度の創設と企業への影響

【第1回】

1 はじめに

2 制度創設の背景

3 法人の悪用とマネーロンダリング

4 BOリスト制度の概要

5 BOリストが利用されるケース

(1) 銀行からの要請

(2) 取引先企業からの要請

6 「実質的支配者」とは

【第2回】

7 BOリスト制度の利用の流れ

8 各手順のポイント

(1) BOリストの作成

(2) 添付書面

(3) 管轄

(4) 認証文付きBOリストの交付

9 おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

関連書籍

関連セミナー/研修

Profession Journal » 労務・法務・経営 » 法務 » 実質的支配者リスト制度の創設と企業への影響 【第2回】「実質的支配者リストの作成と添付書面」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home