セミナー/研修TOP >  実務に使える税務用語解説 >  通勤手当(交通費)の非課税制度とは

通勤手当(交通費)の非課税制度とは

所得税非課税制度通勤手当非課税限度額社会保険
解説:プロフェッションネットワーク

会社に勤務する給与所得者は、ほとんどの場合、会社から通勤手当(交通費)の支給をされますが、会社から支給される通勤手当(交通費)は厳密に捉えると会社からの給与となります。しかし、通勤手当(交通費)は通勤のためにその金額を消費する(実費弁償的なものである)ため、非課税限度額を設けた上で、所得税を課さない(非課税とする)こととしています。
なお、非課税限度額は、給与所得者が通勤のために利用する交通機関等によって定められています。
このページでは通勤手当(交通費)の非課税制度の基礎知識について解説いたしますが、初めて携わられるご担当者様でも安心して実務に必要な知識を身に付けていただけるよう、易しくかつ実務に即して詳細に解説するDVDセミナー講座も当ページでご案内しております。

通勤手当(交通費)の非課税制度とは

1.通勤手当(交通費)の非課税制度

会社に勤務する給与所得者は、ほとんどの場合、会社から通勤手当(交通費)の支給をされますが、会社から支給される通勤手当(交通費)は厳密に捉えると会社からの給与となります。しかし、通勤手当(交通費)は通勤のためにその金額を消費する(実費弁償的なものである)ため、非課税限度額を設けた上で、所得税を課さない(非課税とする)こととしています。

2.所得税の非課税限度額

非課税限度額は、給与所得者が通勤のために利用する交通機関等によって定められています。

なお、平成28年度の税制改正により、給与所得者に支給する通勤手当の非課税限度額が引き上げられ、平成28年1月1日以後に支払われるべき通勤手当についての非課税限度額は下記のとおりとなります。

  1. (1) 通勤のため交通機関又は有料の道路を利用し、かつ、その運賃等を負担することを常例とする者((4)に該当する者を除く。)が受ける通勤手当
    …その者の通勤に係る運賃、時間、距離等の事情に照らし最も経済的かつ合理的と認められる通常の通勤の経路及び方法による運賃等の額(1月当たりの金額が150,000円を超えるときは、1月当たり150,000円)
  2. (2) 通勤のため自動車その他の交通用具を使用することを常例とする者(その通勤の距離が片道2キロメートル未満である者及び(4)に該当する者を除く。)が受ける通勤手当 次に掲げる場合の区分に応じそれぞれ次に定める金額
    1. ① その通勤の距離が片道10キロメートル未満である場合…1月当たり4,200円
    2. ② その通勤の距離が片道10キロメートル以上15キロメートル未満である場合…1月当たり7,100円
    3. ③ その通勤の距離が片道15キロメートル以上25キロメートル未満である場合…1月当たり12,900円
    4. ④ その通勤の距離が片道25キロメートル以上35キロメートル未満である場合…1月当たり18,700円
    5. ⑤ その通勤の距離が片道35キロメートル以上45キロメートル未満である場合…1月当たり24,400円
    6. ⑥ その通勤の距離が片道45キロメートル以上55キロメートル未満である場合…1月当たり28,000円
    7. ⑦ その通勤の距離が片道55キロメートル以上である場合…1月当たり31,600円
  3. (3) 通勤のため交通機関を利用することを常例とする者((1)及び(4)に該当する者を除く。)が受ける通勤用定期乗車券
    …その者の通勤に係る運賃、時間、距離等の事情に照らし最も経済的かつ合理的と認められる通常の通勤の経路及び方法による定期乗車券の価額(1月当たりの金額が150,000円を超えるときは、1月当たり150,000円)
  4. (4) 通勤のため交通機関又は有料の道路を利用するほか、併せて自動車その他の交通用具を使用することを常例とする者(当該交通用具を使用する距離が片道2キロメートル未満である者を除く。)が受ける通勤手当又は通勤用定期乗車券
    …その者の通勤に係る運賃、時間、距離等の事情に照らし最も経済的かつ合理的と認められる通常の通勤の経路及び方法による運賃等の額又は定期乗車券の価額と当該交通用具を使用する距離につき(2)①から⑦までに定める金額との合計額(1月当たりの金額が150,000円を超えるときは、1月当たり150,000円)

3.非課税限度額についての注意点

非課税とされる通勤手当は「その給与所得者の通勤にかかる運賃、時間、距離等の事情に照らし最も経済的、かつ、合理的と認められる通常の通勤の経路および方法による運賃等の額」とされていますので、有料道路を利用する場合の料金や新幹線通勤をする場合であっても上記の要件に該当すれば限度額までは非課税とされますが、グリーン車を利用した場合の料金は該当しないため非課税とはされません。

また、タクシー通勤をした場合は、「最も経済的、かつ、合理的と認められる通常の通勤の経路」に相当する金額までは非課税とされますが、それを上回る金額は非課税とはされません。

4.非課税限度額を超えた場合

非課税限度額を超える通勤手当の支給を受けた場合は、給与所得として課税されますので、源泉徴収の対象となります。
また、通勤手当込みで時給や年棒が設定されている場合は、原則として非課税制度の対象とはなりません。
なお、給与所得として課税された場合でも、一定の要件に該当すれば「給与所得者の特定支出控除」として確定申告することにより控除される場合があります。

5.社会保険の計算

所得税の計算にあたっては、非課税限度額の範囲内で通勤手当について非課税とする制度がありますが、健康保険や厚生年金保険などの社会保険や労働保険の保険料の算定にあたっては、原則として報酬総額を基礎にすることとされており、通勤手当も報酬に含まれますので、全額、保険料の算定対象となります。

実務において正しい処理ができるようになるために

実務において、正しい処理ができるようになるために、基本的な考え方や計算方法について、実例を交えながら分かりやすく解説した講義を紹介します。

通勤手当(交通費)の非課税制度に関する解説講義のご案内
初学者向けはじめての経理実務書類作成(令和2年度版) DVDセミナー研修
経理の実務を短期間に学習し実務に即した書類作成を習得!
「はじめての経理実務書類作成」は、経理実務手続きを実例を通して学ぶことができる講座です。経理の業務で必要となる書類をトレーニング・シートとして使用し、実務に即した書類作成を講義内で行います。
単に、シート空欄に数値を記入させるだけの講座ではなく、その数値が入る根拠を学びながらの講義ですので、初めての方に安心して受講していただける内容となっています。
会計・税理士事務所に就職希望だが経理実務は未経験という方は、お客様への業務のアドバイスができるようになるためにも、習得しておきたい知識です。
本講座は、教材と動画で繰り返し学習ができるDVD講座です。

初学者向け基礎から学ぶ給与計算実務(令和2年度版) DVDセミナー研修
給与計算の仕組みを基礎から解説!実務ですぐ使える知識が身につく!
「給与計算はソフトがしてくれるから簡単」と思われがちですが、実際は労働基準法、社会保険各法、所得税など給与計算と関連する様々な法律に関する基礎知識の理解が必要になります。
当講座では、給与支払明細書や源泉徴収票を実際に作成しながら、業務上、間違えやすいポイントを事例形式で解説いたします。
本講座は、教材と動画で繰り返し学習ができるDVD講座です。

初学者向け税法入門 所得税(令和2年度版) DVDセミナー研修
『所得税』とは何か?知識ゼロの方へ入門知識を体系的にマスター!
簿記の基礎知識(日商簿記3級程度)のある方で、税法知識の全くない初心者の方を対象とした所得税の入門講座です。
所得税は個人が稼いだ所得に対して税額計算を行います。当講座では、個人の所得を把握した上で、所得控除・税額控除を確認し、所得税の税額が体系的に計算できるように解説していきます。
本講座は、教材と動画で繰り返し学習ができるDVD講座です。

<実務に使える税務用語解説>一覧

所得税関係
  1. 年末調整とは
  2. 賞与に対する所得税(源泉徴収)とは
  3. 通勤手当(交通費)の非課税制度とは
  4. 所得税還付申告のための時期と受けるための条件とは
法人税関係
  1. 法人実効税率とは
  2. 内国法人に係る国際税務とは
  3. 税務調整と税効果会計とは
所得税・法人税 関係
  1. 欠損金の繰越控除・純損失の繰越控除とは
  2. 減価償却費の計算方法と基礎知識
資産税関係
  1. 相続税の申告書とは
  2. 遺産分割とは
  3. 小規模宅地等の特例とは
消費税関係
  1. 消費税還付を受けるための条件とは
  2. 消費税軽減税率とは
  3. インボイス制度とは
会計分野
  1. 財務会計・管理会計とは
その他の税法
  1. 税務調査とは
  2. 印紙税とは
セミナー/研修TOP >  実務に使える税務用語解説 >  通勤手当(交通費)の非課税制度とは

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home