40件すべての結果を表示
  • New エキスパート 2024年05月15日( 水 ) ~ 2025年06月30日( 月 )

    【実践できる実務対策】令和6年度税制改正要点整理 Webセミナー研修

    ~令和6年度の税制改正項目の要点とあわせて実務上のポイントを解説!~  令和6年度税制改正では、賃金上昇が物価高に追い付いていない国民の負担を緩和し、物価上昇を十分に超える持続的な賃上げが行われる経済の実現を目指す観点から、所得税・個人住民税の定額減税の実施や賃上げ促進税制の強化等が盛り込まれました。  また、資本蓄積の推進や生産性の向上により、供給力を強化するため、戦略分野国内生産促進税制やイノベーションボックス税制を創設し、スタートアップ・エコシステムの抜本的強化のための措置が講じられました。  加えて、グローバル化を踏まえてプラットフォーム課税の導入等が行われるとともに地域経済や中堅・中小企業活性化等の観点から、事業承継税制の特例措置に係る計画提出期限の延長や外形標準課税の適用対象法人の見直し等が行われることとなりました。  当講座では、これらの改正項目の要点を整理し、実務上のポイントを解説します。        本講座はWeb(スマートフォンやタブレットなどモバイル端末にも対応)の動画講義を繰り返し視聴して学習       できるWeb講座です。

    講師 福田 浩彦 氏
  • エキスパート 2024年02月02日( 金 ) ~ 2024年06月30日( 日 )

    【実践できる実務対策】消費税実務上の判断ミスを防ぐ対応策〔仕入税額控除編〕 Webセミナー研修

    ~Q&A形式のケーススタディをもとに、様々なリスクを回避する対応策を解説!~  税理士職業賠償責任保険の税目別支払件数と支払金額において、その両方で最も多いのが消費税で、全体の5割近くを占めています。  消費税には納税者が有利な方法を選択できる制度が多数存在することが、要因の一つと考えられますが、一方で、消費税における選択届出書は、原則として「事前」に提出するため、適用を受けたい事業年度にこれに気付いても、選択が認められず、納税者に損害を与えるケースが多くなります。  当講座では、「ケーススタディ消費税実務における判断ミスと対応策」書籍を教材として、判断ミスなどの実務上のリスクを回避できるようにQ&A 形式で紹介し、知っておくべき知識やその対応策を解説します。 ※当講座は書籍第6章を解説する〔仕入税額控除編〕となります。 ※当講座は書籍「ケーススタディ消費税実務における判断ミスと対応策」がベースの講座となります。  書籍ご購入をご希望の方は下記よりご購入ください。  ⇒ご購入はこちら        本講座はWeb(スマートフォンやタブレットなどモバイル端末にも対応)の動画講義を繰り返し視聴して学習       できるWeb講座です。

    講師 齋藤 和助 氏
  • エキスパート 2024年02月02日( 金 ) ~ 2024年06月30日( 日 )

    【実践できる実務対策】消費税実務上の判断ミスを防ぐ対応策〔近年の改正により予想されるミス①編〕 Webセミナー研修

    ~Q&A形式のケーススタディをもとに、様々なリスクを回避する対応策を解説!~  税理士職業賠償責任保険の税目別支払件数と支払金額において、その両方で最も多いのが消費税で、全体の5割近くを占めています。  消費税には納税者が有利な方法を選択できる制度が多数存在することが、要因の一つと考えられますが、一方で、消費税における選択届出書は、原則として「事前」に提出するため、適用を受けたい事業年度にこれに気付いても、選択が認められず、納税者に損害を与えるケースが多くなります。  当講座では、「ケーススタディ消費税実務における判断ミスと対応策」書籍を教材として、判断ミスなどの実務上のリスクを回避できるようにQ&A 形式で紹介し、知っておくべき知識やその対応策を解説します。 ※当講座は書籍第7章2を解説する〔近年の改正により予想されるミス①編〕となります。 ※当講座は書籍「ケーススタディ消費税実務における判断ミスと対応策」がベースの講座となります。  書籍ご購入をご希望の方は下記よりご購入ください。  ⇒ご購入はこちら        本講座はWeb(スマートフォンやタブレットなどモバイル端末にも対応)の動画講義を繰り返し視聴して学習       できるWeb講座です。

    講師 齋藤 和助 氏
  • エキスパート 2024年02月02日( 金 ) ~ 2024年06月30日( 日 )

    【実践できる実務対策】消費税実務上の判断ミスを防ぐ対応策〔近年の改正により予想されるミス②編〕 Webセミナー研修

    ~Q&A形式のケーススタディをもとに、様々なリスクを回避する対応策を解説!~  税理士職業賠償責任保険の税目別支払件数と支払金額において、その両方で最も多いのが消費税で、全体の5割近くを占めています。  消費税には納税者が有利な方法を選択できる制度が多数存在することが、要因の一つと考えられますが、一方で、消費税における選択届出書は、原則として「事前」に提出するため、適用を受けたい事業年度にこれに気付いても、選択が認められず、納税者に損害を与えるケースが多くなります。  当講座では、「ケーススタディ消費税実務における判断ミスと対応策」書籍を教材として、判断ミスなどの実務上のリスクを回避できるようにQ&A 形式で紹介し、知っておくべき知識やその対応策を解説します。 ※当講座は書籍第7章1・3・4を解説する〔近年の改正により予想されるミス②編〕となります。 ※当講座は書籍「ケーススタディ消費税実務における判断ミスと対応策」がベースの講座となります。  書籍ご購入をご希望の方は下記よりご購入ください。  ⇒ご購入はこちら        本講座はWeb(スマートフォンやタブレットなどモバイル端末にも対応)の動画講義を繰り返し視聴して学習       できるWeb講座です。

    講師 齋藤 和助 氏
  • エキスパート 2024年02月02日( 金 ) ~ 2024年06月30日( 日 )

    【実践できる実務対策】消費税実務上の判断ミスを防ぐ対応策〔6講座セット〕 Webセミナー研修

    ~Q&A形式のケーススタディをもとに、様々なリスクを回避する対応策を解説!~  税理士職業賠償責任保険の税目別支払件数と支払金額において、その両方で最も多いのが消費税で、全体の5割近くを占めています。  消費税には納税者が有利な方法を選択できる制度が多数存在することが、要因の一つと考えられますが、一方で、消費税における選択届出書は、原則として「事前」に提出するため、適用を受けたい事業年度にこれに気付いても、選択が認められず、納税者に損害を与えるケースが多くなります。  当講座では、「ケーススタディ消費税実務における判断ミスと対応策」書籍を教材として、判断ミスなどの実務上のリスクを回避できるようにQ&A 形式で紹介し、知っておくべき知識やその対応策を解説します。  ※当講座は下記6講座をセットとした講座で、お得な受講料でご受講できます。   消費税実務上の判断ミスを防ぐ対応策〔届出書・申請書編〕   消費税実務上の判断ミスを防ぐ対応策〔納税義務の判定/特定期間における納税義務の免除の特例編〕   消費税実務上の判断ミスを防ぐ対応策〔課税対象取引・取引区分/輸出免税編〕   消費税実務上の判断ミスを防ぐ対応策〔仕入税額控除編〕   消費税実務上の判断ミスを防ぐ対応策〔近年の改正により予想されるミス①編〕   消費税実務上の判断ミスを防ぐ対応策〔近年の改正により予想されるミス②編〕        ※当講座は書籍「ケーススタディ消費税実務における判断ミスと対応策」がベースの講座となります。         なお、当講座は書籍が特典となるお得な講座です。         ⇒特典書籍はこちら        本講座はWeb(スマートフォンやタブレットなどモバイル端末にも対応)の動画講義を繰り返し視聴して学習       できるWeb講座です。

    講師 齋藤 和助 氏
  • エキスパート 2024年02月02日( 金 ) ~ 2024年06月30日( 日 )

    【実践できる実務対策】消費税実務上の判断ミスを防ぐ対応策〔届出書・申請書編〕 Webセミナー研修

    ~Q&A形式のケーススタディをもとに、様々なリスクを回避する対応策を解説!~  税理士職業賠償責任保険の税目別支払件数と支払金額において、その両方で最も多いのが消費税で、全体の5割近くを占めています。  消費税には納税者が有利な方法を選択できる制度が多数存在することが、要因の一つと考えられますが、一方で、消費税における選択届出書は、原則として「事前」に提出するため、適用を受けたい事業年度にこれに気付いても、選択が認められず、納税者に損害を与えるケースが多くなります。  当講座では、「ケーススタディ消費税実務における判断ミスと対応策」書籍を教材として、判断ミスなどの実務上のリスクを回避できるようにQ&A 形式で紹介し、知っておくべき知識やその対応策を解説します。 ※当講座は書籍第1章を解説する〔届出書・申請書編〕となります。 ※当講座は書籍「ケーススタディ消費税実務における判断ミスと対応策」がベースの講座となります。  書籍ご購入をご希望の方は下記よりご購入ください。  ⇒ご購入はこちら        本講座はWeb(スマートフォンやタブレットなどモバイル端末にも対応)の動画講義を繰り返し視聴して学習       できるWeb講座です。

    講師 齋藤 和助 氏
  • エキスパート 2024年02月02日( 金 ) ~ 2024年06月30日( 日 )

    【実践できる実務対策】消費税実務上の判断ミスを防ぐ対応策〔納税義務の判定/特定期間における納税義務の免除の特例編〕 Webセミナー研修

    ~Q&A形式のケーススタディをもとに、様々なリスクを回避する対応策を解説!~  税理士職業賠償責任保険の税目別支払件数と支払金額において、その両方で最も多いのが消費税で、全体の5割近くを占めています。  消費税には納税者が有利な方法を選択できる制度が多数存在することが、要因の一つと考えられますが、一方で、消費税における選択届出書は、原則として「事前」に提出するため、適用を受けたい事業年度にこれに気付いても、選択が認められず、納税者に損害を与えるケースが多くなります。  当講座では、「ケーススタディ消費税実務における判断ミスと対応策」書籍を教材として、判断ミスなどの実務上のリスクを回避できるようにQ&A 形式で紹介し、知っておくべき知識やその対応策を解説します。 ※当講座は書籍第2章・第3章を解説する〔納税義務の判定/特定期間における納税義務の免除の特例編〕となります。 ※当講座は書籍「ケーススタディ消費税実務における判断ミスと対応策」がベースの講座となります。  書籍ご購入をご希望の方は下記よりご購入ください。  ⇒ご購入はこちら        本講座はWeb(スマートフォンやタブレットなどモバイル端末にも対応)の動画講義を繰り返し視聴して学習       できるWeb講座です。

    講師 齋藤 和助 氏
  • エキスパート 2023年11月30日( 木 ) ~ 2024年06月30日( 日 )

    【実践できる実務対策】インボイス制度導入に伴う経過措置の活用 Webセミナー研修

    ~複雑な経過措置を整理し、実務上の要点を解説!~  令和5年10月1日より「適格請求書等保存方式(インボイス制度)」が開始されましたが、令和5年4月の消費税法等の一部改正により、いわゆる「2割特例の創設」など所要の見直しが行われ、様々な経過措置が設けられました。  なお、経過措置を活用することにより税制上の優遇措置が受けられますが、適用をするにあたっては従前の状況(手続きの状況など)を踏まえて判断しなければならない事項が多数あります。  当講座では、複雑な経過措置の適用要件などを整理し、その効果など実務上の要点を解説します。        本講座はWeb(スマートフォンやタブレットなどモバイル端末にも対応)の動画講義を繰り返し視聴して学習       できるWeb講座です。

    講師 福田 浩彦 氏
  • スタンダード 2023年11月10日( 金 ) ~ 2024年06月30日( 日 )

    【実践できる実務対策】上場株式等に係る所得税等の申告の実務上の取扱い Webセミナー研修

    ~配当、譲渡について複雑な課税関係を整理し、申告実務上の注意点を解説!~  上場株式等の配当等および譲渡所得等については、近年、多くの改正がされ、課税関係が複雑となっています。  また、選択適用できる制度も多く、実務では有利な判断等をしなければなりません。  当講座では、課税関係を整理し、ケーススタディ(具体例)を用いて有利選択を確認した上で、住民税との関係まで、実務上のポイントを解説します。        本講座はWeb(スマートフォンやタブレットなどモバイル端末にも対応)の動画講義を繰り返し視聴して学習       できるWeb講座です。

    講師 福田 浩彦 氏
  • エキスパート 2023年07月03日( 月 ) ~ 2024年06月30日( 日 )

    【実践できる実務対策】法人税における保険料の取扱い  Webセミナー研修

    ~契約時期による取扱いを整理し、実務上のポイントを解説!~  いわゆる「法人保険」の保険料の取扱いは、令和元年6月に、令和元年7月8日以後の契約に係る保険料について改正が行われましたが、従前の契約に係る保険料については従前の取扱いが適用されます。  また、保険料の取扱いは、それ以前にも何度か改正が行われており、契約時期によって取扱いが異なることになります。  当講座では、それぞれの契約時期による取扱いを整理し、実務上のポイントを解説するとともに損害保険料の取扱いについても確認します。        本講座はWeb(スマートフォンやタブレットなどモバイル端末にも対応)の動画講義を繰り返し視聴して学習       できるWeb講座です。

    講師 福田 浩彦 氏
  • エキスパート 2023年07月03日( 月 ) ~ 2024年06月30日( 日 )

    【実践できる実務対策】税負担を考慮した遺産分割  Webセミナー研修

    ~遺産分割によって相続税や所得税の負担がどう変わるのか?~  相続対策は、生前に時間をかけて行うのが原則ですが、考えただけで、実行する前に相続が発生したということもよくあります。  しかし、相続発生後でも、遺産分割の方法によっては相続税や所得税の負担を軽減できることもあります。  当講座では、具体例を用いて税負担がどう変わるのかを解説します。        本講座はWeb(スマートフォンやタブレットなどモバイル端末にも対応)の動画講義を繰り返し視聴して学習       できるWeb講座です。

    講師 福田 浩彦 氏
  • エキスパート 2023年07月03日( 月 ) ~ 2024年06月30日( 日 )

    【実践できる実務対策】税理士が行う役所調査の重要ポイント Webセミナー研修

    ~不動産鑑定士が伝授!見落としがちな「大きな減価につながるポイント」~  財産評価をする際には、現地調査をすることにより「減価」につながる要因を把握することが必要となりますが、机上や役所における事前調査においてその状況を把握することも大きなポイントとなります。  当講座では、机上や役所における事前調査や現地調査の具体的な方法とあわせて、見落としがちな「大きな減価につながるポイント」を不動産鑑定士の視点から解説します。        本講座はWeb(スマートフォンやタブレットなどモバイル端末にも対応)の動画講義を繰り返し視聴して学習       できるWeb講座です。

    講師 除村 武夫 氏
  • エキスパート 2023年07月03日( 月 ) ~ 2024年06月30日( 日 )

    【実践できる実務対策】地積規模の大きな宅地の評価 Webセミナー研修

    ~実務上のポイントを解説し、その問題点などを検証!~  平成30年1月1日より、「広大地の評価」に変え、「地積の規模の大きな宅地の評価」が導入されました。  類似する項目もありますが、適用要件を中心に制度の内容が変更されており、その適用にあたっては注意が必要です。  当講座では、広大地評価と比較しながら実務上のポイントを解説し、さらにその問題点などを検証します。        本講座はWeb(スマートフォンやタブレットなどモバイル端末にも対応)の動画講義を繰り返し視聴して学習       できるWeb講座です。

    講師 富田 隆史 氏
  • エキスパート 2023年07月03日( 月 ) ~ 2024年06月30日( 日 )

    【実践できる実務対策】負担付贈与があった場合の課税関係 Webセミナー研修

    ~ケーススタディで課税関係を整理!~  負担付贈与があった場合には、贈与者、受贈者ともに原則として課税関係が生じるため注意が必要です。  しかし、負担付贈与とはならない取引形態にすることにより、税負担が変わることがあります。  当講座では、ケーススタディ(具体例)を用いて課税関係を整理し、実務上のポイントを解説します。  本講座はWeb(スマートフォンやタブレットなどモバイル端末にも対応)の動画講義を繰り返し視聴して学習       できるWeb講座です。

    講師 福田 浩彦 氏
  • エキスパート 2023年07月03日( 月 ) ~ 2024年06月30日( 日 )

    【実践できる実務対策】リース取引の 法人税及び消費税における取扱い Webセミナー研修

    ~リース取引についての課税関係および適用できる制度を整理!~  リース取引については、契約内容に応じて課税関係が異なり、適用できる制度も変わってきます。  また、消費税においても、仕入税額控除について特例としての「分割控除」を適用できる場合がありますが、留意しなければならない点があります。  当講座では、法人税及び消費税における取扱いを整理し、実務上のポイントを解説します。        本講座はWeb(スマートフォンやタブレットなどモバイル端末にも対応)の動画講義を繰り返し視聴して学習       できるWeb講座です。

    講師 福田 浩彦 氏
  • エキスパート 2023年07月03日( 月 ) ~ 2024年06月30日( 日 )

    【実践できる実務対策】借地権と配偶者居住権の消滅等 Webセミナー研修

    ~ケーススタディで課税関係を整理!~  借地権については、事前の届出等をしているか否かにより課税関係が異なりますので、注意が必要です。  また、配偶者居住権(配偶者敷地利用権を含む)について消滅等の事由が生じた場合、どのような原因によるものなのかによって課税関係が異なることになります。  当講座では、借地権と配偶者居住権(配偶者敷地利用権を含む)について、ケーススタディ(具体例)を用いて課税関係を整理し、実務上のポイントを解説します。        本講座はWeb(スマートフォンやタブレットなどモバイル端末にも対応)の動画講義を繰り返し視聴して学習       できるWeb講座です。

    講師 福田 浩彦 氏
  • エキスパート 2023年07月03日( 月 ) ~ 2024年06月30日( 日 )

    【実践できる実務対策】「事業用資産の買換え特例」適用で税負担が増加?  Webセミナー研修

    ~適用する場合の実務上の留意点を確認!~  「事業用資産の買換え特例」は課税の繰り延べ制度であるため、一時的な税負担を軽減することができますが、適用にあたっては、将来的な税負担まで考慮することが必要です。  また、所得税と法人税とでは、その処理方法に違いがあることにも留意しなければなりません。  当講座では、ケーススタディ(具体例)を用い税負担がどうなるかを確認し、所得税と法人税の違いまで、実務上のポイントを解説します。        本講座はWeb(スマートフォンやタブレットなどモバイル端末にも対応)の動画講義を繰り返し視聴して学習       できるWeb講座です。

    講師 福田 浩彦 氏
  • エキスパート 2023年07月03日( 月 ) ~ 2024年06月30日( 日 )

    【実践できる実務対策】相続開始直前の相続税対策  Webセミナー研修

    ~生前贈与を活用して相続税を節税するための実務上のポイントを解説!~  相続税を節税するためには、事前に様々なシミュレーションをして、ある程度の期間をかけて対策を図ることが必要ですが、相続開始直前においても生前贈与を活用して対策をすることができます。  ただし、対策を講じる際には、様々な注意点などがあります。  当講座では、それぞれの対策項目ごとに、内容とあわせて適用する際の実務上のポイントを解説します。        本講座はWeb(スマートフォンやタブレットなどモバイル端末にも対応)の動画講義を繰り返し視聴して学習       できるWeb講座です。

    講師 福田 浩彦 氏
  • エキスパート 2023年07月03日( 月 ) ~ 2024年06月30日( 日 )

    【実践できる実務対策】実務における譲渡所得の概算取得費の検証 Webセミナー研修

    ~国税不服審判所の裁決に見る譲渡所得税の概算取得費に代わる推論計算の可否について~  実務における譲渡所得申告では、取得費が不明な場合、概算取得費(譲渡収入の5%相当額)による申告が多くあります。  しかし、客観的事実に基づく金額による申告が認められるケースもあります。  当講座では、国税不服審判所の裁決を検証し、概算取得費に代わる推論計算の可否について、実務上のポイント解説します。        本講座はWeb(スマートフォンやタブレットなどモバイル端末にも対応)の動画講義を繰り返し視聴して学習       できるWeb講座です。

    講師 富田 隆史 氏
  • エキスパート 2023年07月03日( 月 ) ~ 2024年06月30日( 日 )

    【実践できる実務対策】法人設立による相続対策 Webセミナー研修

    ~事前の対策で税負担の軽減を図る!~  取引相場のない株式の純資産価額方式による相続税評価額は、課税時期における各資産を財産評価基本通達により評価した価額をベースに計算することになりますが、この財産評価基本通達により評価した価額は通常の取引価額より低くなっています。  ただし、法人が課税時期前3年以内に取得等した不動産は通常の取引価額相当額で評価することになります。したがって、株式を推定相続人にいつ贈与するかにより、軽減された税負担で親から子に財産の移転が図ることができます。  当講座では、具体例を用いて課税関係を詳細に解説します。        本講座はWeb(スマートフォンやタブレットなどモバイル端末にも対応)の動画講義を繰り返し視聴して学習       できるWeb講座です。

    講師 福田 浩彦 氏
#