Profession Journal » 労務・法務・経営 » 法務 » 改正相続法に対応した実務と留意点 【第14回】「総合的な事例の検討②」

改正相続法に対応した実務と留意点 【第14回】「総合的な事例の検討②」

筆者:阪本 敬幸

文字サイズ

改正相続法に対応した実務留意点

【第14回】

「総合的な事例の検討②」

 

弁護士 阪本 敬幸

 

今回は、総合的な事例について検討する。

 

- 事 例 -

被相続人Aは、2025年4月1日に死亡した。Aの相続人として妻B、子Cと子Dがいる。

Aの相続財産として甲不動産(1,000万円)があり、Aは生前、「Dに甲不動産を相続させる」という遺言を作成していた。

Aは2015年4月1日から建物をXから賃借し、妻Bとともに居住していた。Cは、賃貸借契約から生じる一切の債務について保証人となっていた。賃貸借契約は2年契約であり、更新が繰り返されていた。

Aは度々賃料を滞納しており、相続開始時には滞納賃料は200万円となっていた。

Xとしては、B、C、Dに対し、滞納賃料の支払を求めたいと考えている。Xとしては、どのような点に注意すべきであろうか。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

関連書籍

関連セミナー/研修

Profession Journal » 労務・法務・経営 » 法務 » 改正相続法に対応した実務と留意点 【第14回】「総合的な事例の検討②」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home