Profession Journal » 労務・法務・経営 » 法務 » 改正相続法に対応した実務と留意点 【第11回】「遺言書保管法に関する留意点」

改正相続法に対応した実務と留意点 【第11回】「遺言書保管法に関する留意点」

筆者:阪本 敬幸

文字サイズ

改正相続法に対応した実務留意点

【第11回】

「遺言書保管法に関する留意点」

 

弁護士 阪本 敬幸

 

今回は、法務局における遺言書の保管等に関する法律(以下、「遺言書保管法」という)に関する留意点について解説する。

 

1 遺言書保管法の概要

遺言書保管法が公布され、遺言書を法務局で保管する制度が新設されることはご存じの方も多いことと思われる。つい先日、令和元年12月11日には、同法に関する政令(以下、単に「政令」という)が公布されたところである。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

関連書籍

関連セミナー/研修

Profession Journal » 労務・法務・経営 » 法務 » 改正相続法に対応した実務と留意点 【第11回】「遺言書保管法に関する留意点」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home