公開日: 2022/11/02 (掲載号:No.493)
文字サイズ

〈一から学ぶ〉リース取引の会計と税務 【第3回】「リース取引の流れ」

筆者: 喜多 弘美

〈一から学ぶ〉

リース取引会計税務

【第3回】

「リース取引の流れ」

 

公認会計士・税理士
喜多 弘美

 

【第2回】では、リースのメリット・デメリットについて整理しました。設備投資をする際に、自己資金で購入する場合などと比較して、リース契約のメリットが大きい場合は、会社はリースを選択します。

では、リースを選択した後に、実際のリース取引はどのような流れで行われるのでしょうか。この疑問を解消すべく今回は、一般的なリース取引の流れを整理します。

この記事全文をご覧いただくには、プロフェッションネットワークの会員(プレミアム
会員又は一般会員)としてのログインが必要です。
通常、Profession Journalはプレミアム会員専用の閲覧サービスですので、プレミアム
会員のご登録をおすすめします。
プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

〈一から学ぶ〉

リース取引会計税務

【第3回】

「リース取引の流れ」

 

公認会計士・税理士
喜多 弘美

 

【第2回】では、リースのメリット・デメリットについて整理しました。設備投資をする際に、自己資金で購入する場合などと比較して、リース契約のメリットが大きい場合は、会社はリースを選択します。

では、リースを選択した後に、実際のリース取引はどのような流れで行われるのでしょうか。この疑問を解消すべく今回は、一般的なリース取引の流れを整理します。

この記事全文をご覧いただくには、プロフェッションネットワークの会員(プレミアム
会員又は一般会員)としてのログインが必要です。
通常、Profession Journalはプレミアム会員専用の閲覧サービスですので、プレミアム
会員のご登録をおすすめします。
プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

連載目次

筆者紹介

喜多 弘美

(きた・ひろみ)

公認会計士・税理士

喜多弘美公認会計士税理士事務所 所長

神戸大学経済学部、甲南会計大学院卒業。

2010年公認会計士試験論文試験合格後、上場会社経理部に所属し、固定資産・消費税を担当。その後、大手監査法人で会計監査、グループ会社で内部監査・人事に携わる。2020年4月から個人事務所を開業し、会計システム導入支援・記帳代行に従事。2020年11月税理士登録。

#