Profession Journal » 労務・法務・経営 » 経営 » 事例で学ぶ内部統制【第14回】「内部統制の開示すべき重要な不備の判断をめぐる実務」

事例で学ぶ内部統制【第14回】「内部統制の開示すべき重要な不備の判断をめぐる実務」

筆者:島 紀彦

文字サイズ

事例で学ぶ内部統制

【第14回】

「内部統制の開示すべき

重要な不備の判断をめぐる実務

 

株式会社スタンダード機構
代表取締役 島 紀彦

 

はじめに

今回は、内部統制の開示すべき重要な不備の判断をめぐる実務の実態を紹介する。

3月決算企業であれば、5回目の内部統制報告書の提出に向けてとりまとめに奔走している最中であり、時季に合ったテーマであろう。

実施基準によれば、①金額的重要性と質的重要性の判断基準を設定し、②不備がもたらす虚偽記載の影響額、③虚偽記載の発生可能性を勘案して、内部統制の不備が開示すべき重要な不備に該当するか否かという重要性の判断を行うことになる。

筆者(株式会社スタンダード機構)主催の実務家交流会でも、この順序で意見交換を行った。

各社の実務の実態を見てみよう。

 

金額的重要性の判断基準の事例

多くの参加企業は、実施基準に基づき、連結総資産、連結売上高、連結税引前利益などの指標に対する比率で金額的重要性を判断していた。対応が分かれたのは、連結税引前利益の取扱いについてであった。

参加企業Aは、「連結税引前利益に対する比率は決めていない」(資材メーカー)と話した。

参加企業Bは、「連結税引前利益の金額の概ね5%にした」(商社)と話した。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

  • 島 紀彦

    (しま・のりひこ)

    株式会社スタンダード機構
    代表取締役

    昭和45年 富山県富山市生まれ
    富山市立堀川中学校卒業 バスケットボール部に所属
    富山県立富山高校理数科卒業 山岳部に所属
    東京大学法学部(公法学科)卒業

    平成6年 住友銀行入社
    外資系コンサルティング会社にて、経営コンサルティングに従事
    米国ロサンゼルス投資会社にて、投資調査に従事
    新日本有限責任監査法人にて、事業戦略・管理会計コンサルティングに従事
    平成19年6月より現職
    投資・M&A分野、事業戦略・管理分野、事業再編分野、リスクマネジメント分野のコンサルティングに従事

関連書籍

Profession Journal » 労務・法務・経営 » 経営 » 事例で学ぶ内部統制【第14回】「内部統制の開示すべき重要な不備の判断をめぐる実務」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home