Profession Journal » 労務・法務・経営 » 経営 » 〔これなら作れる ・使える〕中小企業の事業計画 【第8回】「個別計画の作成手順(その3)」

〔これなら作れる ・使える〕中小企業の事業計画 【第8回】「個別計画の作成手順(その3)」

筆者:高畑 光伸

文字サイズ

〔これなら作れる ・使える〕

中小企業事業計画

【第8回】

「個別計画の作成手順(その3)」

 

税理士・中小企業診断士・ITストラテジスト
高畑 光伸

 

第6回及び第7回では、個別計画における売上計画の作成ポイントについて解説した。
第8回では、個別計画における経費計画のうち、人員計画の作成ポイントについて確認する。

 

4 経費計画

経費は、営業量に応じて変動する変動費(VC:Variable Cost)と、営業量の変化にかかわらず変動しない固定費(FC:Fixed Cost)に区分される。まず、科目ごとに変動費、固定費に区分する。消費税額の試算のため、消費税区分を考慮する。決算月の数値から貸借対照表の科目である前払費用、未払金、引当金の残高を試算する。各個別計画に基づき損益計算書の数値を試算する。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

  • 高畑 光伸

    (たかはた・みつのぶ)

    税理士・中小企業診断士・ITストラテジスト

    大学卒業後、日本ユニシスにて金融機関向けにERPの導入支援を経験。
    SEを経てtac中小企業診断士講座にて、企画・講師業などに従事しつつ、税理士法人にて、医科・歯科、映画演劇業などの会計・税務支援、医療法人設立支援を行う。
    現在は、生前贈与・相続対策など資産税を中心に税務コンサルティングを行っている。

関連書籍

関連セミナー/研修

Profession Journal » 労務・法務・経営 » 経営 » 〔これなら作れる ・使える〕中小企業の事業計画 【第8回】「個別計画の作成手順(その3)」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home