Profession Journal » 読み物 » 連載 » 顧客との面談が“ちょっと”苦手な税理士のための面談術 【第6回】「相手の心を開かせる『傾聴』にトライしましょう」

顧客との面談が“ちょっと”苦手な税理士のための面談術 【第6回】「相手の心を開かせる『傾聴』にトライしましょう」

筆者:坪田 まり子

文字サイズ

顧客との面談が“ちょっと”苦手な

税理士のための面談術

【第6回】

「相手の心を開かせる『傾聴』にトライしましょう」

 

有限会社コーディアル
代表取締役
坪田 まり子

 

皆さん、こんにちは。坪田まり子です。
前回は「雑談」の有用性についてお話しましたが、いかがでしたでしょうか。

私の連載を有効にご活用いただくためには、「読む」だけで納得するのではなく、「すぐに試してみる」ことにあると思います。雑談が上手にできるようになるかどうかは、まずは勇気、次はその場に慣れていくことが大切だからです。

試した結果、うまくいった場合には自分を誇らしく嬉しく感じるものですが、それ以上に、相手も嬉しくなるはずです。「この先生に逢えてよかった!」と思ってもらえることこそ、ビジネスチャンス拡大につながります。

ぜひ私の連載内容は、頭の中の知識にとどめるだけでなく、実際にご活用いただくことをお勧めいたします!

◆  ◆  ◆

さあ今回は、その雑談時や本論に入った際の「聞き方」についてお話します。

「話す」という行為以上に、「聞く」という行為は大切だと考えています。なぜならば、皆さんが切り出す話題がどんなに良い内容でも、それが上手に展開されるかどうか(相手が十分に情報を開示してくれるかどうか)は、相手がちゃんと話してくれなければ意味がないからです。

そしてそれは、皆さんの「聞き方」如何にかかっています。相手の要望をしっかりと全部聞き出すためには、傾聴の良し悪しが大きな違いを生み出します。

皆さんは、「傾聴」は得意でしょうか?

話すことも苦手だし、前回の雑談も。。。とおっしゃる方もいらっしゃることでしょう。

大丈夫です!

自分から話をすることや雑談に自信がない方こそ、傾聴を得意にすることで、上手に会話が弾むようになるはずだからです。

安心して、今回も先を読み進めてくださいませ。

◆  ◆  ◆

まずは傾聴の意義からお話します。傾聴の姿勢を示すことが、相手とのより良いコミュニケーションの始まりです。皆さんが相手のニーズをしっかりつかんでこそ、的確なアドバイスができるはずです。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

  • 坪田 まり子

    (つぼた・まりこ)

    有限会社コーディアル代表取締役。国立大学法人東京学芸大学特命教授。亜細亜大学短期大学部特任講師。プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®。

    大手国際法律事務所弁護士秘書、大手資格予備校執行役員・講師を経て、2003年3月に独立。幅広く講演・講義・研修活動を行っている。

    社会人向けとしては、企業・自治体・医療法人などにおいて、コミュニケーション能力及び営業力の向上を目的とした研修を行う一方、医師・教師・弁護士・公認会計士・社会保険労務士・税理士等の実務家を対象に、効果的なプレゼンテーションを行う方法などを指導している。

    また、学生向けとしては、キャリアデザイン、コミュニケーション能力向上、ビジネスマナー、就職面接対策を主なテーマとして講習を行っている。いずれも受講生のモチベーションを高める指導に定評があり、公務員・企業を志望する学生へのキャリア支援、ビジネスマナー、秘書実務などの授業を受け持っている。

    【公式ホームページ】
    http://www.tsubotamariko.com/

    【著作】
    ・『士業者が身につけたい 顧客をつかむ面談術』(清文社)
    ・『坪田まり子の士業のためのセミナー講師養成講座』(日本法令)
    ・『面接で『特A』をとる!』(静山社)
    ・『就活必修!1週間でできる自己分析2018』(さくら舎)
    ・『就活必修!速習7時限面接内定術2018』(さくら舎)

関連書籍

関連セミナー/研修

Profession Journal » 読み物 » 連載 » 顧客との面談が“ちょっと”苦手な税理士のための面談術 【第6回】「相手の心を開かせる『傾聴』にトライしましょう」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home