Profession Journal » 税務・会計 » 税務 » 解説 » 法人税 » 組織再編成・資本等取引の税務に関する留意事項 【第4回】「非按分型分割」

組織再編成・資本等取引の税務に関する留意事項 【第4回】「非按分型分割」

筆者:佐藤 信祐

文字サイズ

組織再編成・資本等取引の税務に関する留意事項

【第4回】

「非按分型分割」

 

公認会計士 佐藤 信祐

 

1 種類株式発行会社における分割型分割

剰余金の配当について内容の異なる複数の種類の株式を発行している場合には、配当財産の割当てについて株式の種類ごとに異なる取扱いをすることが認められていることから(会社法454②二)、分割型分割により分割法人の株主に交付する分割承継法人株式について株式の種類ごとに異なる取扱いをすることができる。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

連載目次

組織再編成・資本等取引の税務に関する留意事項

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

関連書籍

関連セミナー/研修

Profession Journal » 税務・会計 » 税務 » 解説 » 法人税 » 組織再編成・資本等取引の税務に関する留意事項 【第4回】「非按分型分割」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home