Profession Journal » 税務・会計 » 税務 » 解説 » 法人税 » 〈条文解説〉地方法人税の実務 【第4回】「税額の計算(第12条~第14条)」

〈条文解説〉地方法人税の実務 【第4回】「税額の計算(第12条~第14条)」

筆者:小谷 羊太, 伊村 政代

文字サイズ

〈条文解説〉

地方法人税の実務

【第4回】

「税額の計算(第12条~第14条)」

 

税理士 小谷 羊太
税理士 伊村 政代

 

今回も前回に引き続き、「第三章 税額の計算」について詳解する。

《地方法人税法の条文構成》

第一章 総則(第1条~第8条)

第二章 課税標準(第9条)

第三章 税額の計算(第10条~第15条)

第四章 申告、納付及び還付等

第一節 中間申告(第16条~第18条)

第二節 確定申告(第19条)

第三節 納付(第20条・第21条)

第四節 還付(第22条・第23条)

第五節 更正の請求の特例その他(第24条~第29条)

第五章 雑則(第30条~第32条)

第六章 罰則(第33条~第37条)

Ⅰ 税率(第10条) ※再掲

地方法人税の額は、各課税事業年度の課税標準法人税額に、税率4.4%を乗じて計算した金額とする。

課税標準法人税額 × 4.4%  = 地方法人税の額

 

Ⅱ 地方法人税額に関する留意点

上記算式において、税率を乗じた後の金額『地方法人税の額』について、次の金額がある場合には、それぞれの金額を控除することとなっている。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

関連書籍

関連セミナー/研修

Profession Journal » 税務・会計 » 税務 » 解説 » 法人税 » 〈条文解説〉地方法人税の実務 【第4回】「税額の計算(第12条~第14条)」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home