公開日: 2022/11/24 (掲載号:No.496)
文字サイズ

プラス思考の経済効果 【第9回】「市民マラソンの経済効果」

筆者: 宮本 勝浩

カテゴリ:

プラス思考経済効果

【第9回】

「市民マラソンの経済効果」

 

関西大学名誉教授・大阪府立大学名誉教授
宮本 勝浩

 

1 大谷翔平選手の2022年契約更改後の経済効果

前回は2021年の大谷翔平選手が、日本人ではじめてMLBアメリカンリーグのMVPを獲得した時の経済効果について述べましたが、その後2022年のシーズンが終わってから1年間で日本人最高額の3,000万ドル(契約時の為替レートで約43億4,000万円)で契約を更改しました。

この記事全文をご覧いただくには、プロフェッションネットワークの会員(プレミアム
会員又は一般会員)としてのログインが必要です。
通常、Profession Journalはプレミアム会員専用の閲覧サービスですので、プレミアム
会員のご登録をおすすめします。
プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

プラス思考経済効果

【第9回】

「市民マラソンの経済効果」

 

関西大学名誉教授・大阪府立大学名誉教授
宮本 勝浩

 

1 大谷翔平選手の2022年契約更改後の経済効果

前回は2021年の大谷翔平選手が、日本人ではじめてMLBアメリカンリーグのMVPを獲得した時の経済効果について述べましたが、その後2022年のシーズンが終わってから1年間で日本人最高額の3,000万ドル(契約時の為替レートで約43億4,000万円)で契約を更改しました。

この記事全文をご覧いただくには、プロフェッションネットワークの会員(プレミアム
会員又は一般会員)としてのログインが必要です。
通常、Profession Journalはプレミアム会員専用の閲覧サービスですので、プレミアム
会員のご登録をおすすめします。
プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

連載目次

筆者紹介

宮本 勝浩

(みやもと・かつひろ)

昭和20年1月12日和歌県生まれ。大阪大学大学院経済学研究科修士課程修了。経済学博士(神戸大学)。

現在は大阪府立大学名誉教授、関西大学名誉教授。
元大阪府立大学副学長、インディアナ大学、ハーバード大学研究員、ロシア極東商科大学、中国同済大学客員教授など歴任。
令和元年度和歌山県文化功労賞、令和3年度和歌山市文化賞受賞。

専門は理論経済学、経済効果分析。
主な著書に、『移行経済の理論』(中央経済社)、『経済効果ってなんだろう』(中央経済社)がある。
阪神優勝、夏の高校野球甲子園大会、ネコノミクス、お花見、東京五輪、大谷翔平選手など約200の経済効果分析を発表している。

新着情報

もっと⾒る

記事検索

メルマガ

メールマガジン購読をご希望の方は以下に登録してください。

#
#