Profession Journal » 税務・会計 » 会計 » 解説 » 財務会計 » 開示関係 » 『単体開示の簡素化』の要点をおさえる 【第1回】「制度改正の背景と簡素化の範囲」

『単体開示の簡素化』の要点をおさえる 【第1回】「制度改正の背景と簡素化の範囲」

筆者:中村 真之

文字サイズ

『単体開示の簡素化』の要点をおさえる

【第1回】

「制度改正の背景と簡素化の範囲」

 

公認会計士 中村 真之

 

1 はじめに

平成26年3月26日に、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則等の一部を改正する内閣府令」(平成26年内閣府令第19号、以下「改正府令」という)が公布され、平成26年3月期に係る有価証券報告書の作成から、単体開示に関して簡素化が図られている。

現在までに1,500社を超える会社において簡素化された単体開示が採用されており、その実例や実績を踏まえて、有価証券報告書の作成を今後に控えている会社や当期は採用を見送ったものの、今後の簡素化を検討される会社もあると思われる。

本稿では、改正府令のうち、財務諸表等規則の改正内容を中心に、改正の背景や狙いについて2回にわたり解説を行う。なお、文中の意見に関する部分は私見であることをあらかじめ申し添えさせていただく。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

  • 中村 真之

    (なかむら・まさゆき)

    公認会計士

    1977年 東京都生まれ
    1999年 立教大学法学部法学科卒業
    2000年 公認会計士第2次試験合格し、アクタス元監査法人(現太陽ASG有限責任監査法人)に入所
    2004年 公認会計士登録

    現在、同監査法人のマネジャーとして、主として金融商品取引法監査や会社法監査等の法定監査業務のほか、株式上場支援業務に携わっている。

関連書籍

Profession Journal » 税務・会計 » 会計 » 解説 » 財務会計 » 開示関係 » 『単体開示の簡素化』の要点をおさえる 【第1回】「制度改正の背景と簡素化の範囲」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home