Profession Journal » 労務・法務・経営 » 経営 » 〔税理士・会計士が知っておくべき〕情報システムと情報セキュリティ【第1回】「最近の会計システム事情」

〔税理士・会計士が知っておくべき〕情報システムと情報セキュリティ【第1回】「最近の会計システム事情」

筆者:小田 恭彦

文字サイズ

〔税理士・会計士が知っておくべき〕

情報システムと情報セキュリティ

【第1回】

「最近の会計システム事情」

 

公認会計士・税理士 小田 恭彦

 

会計システムとは

『最近の会計システム事情』というテーマであるが、そもそも「会計システム」とは何であろうか。

人によって思い浮かべるものは違うと思う。会計事務所のスタッフの方々は顧客の記帳代行に使用しているソフト、大企業の経理担当者の方々は自社で利用しているソフト、ソフトウエアベンダーのSEの方々は自社で販売しているソフトなど、それぞれの「会計システム」を思い浮かべるだろう。

 

狭義の会計システム

まず簡単に「会計システム」を定義しておきたい。

「会計システム」という言葉に明確な定義はなく、機能範囲や規模の異なるさまざまなシステムを「会計システム」と呼んでいる。

ただ、共通しているのは、「仕訳を入力して、総勘定元帳、試算表、決算書を作成するためのシステム」という機能は必ず含んでいる点である。これが狭い意味での会計システムといえるだろう。
この機能だけであれば、わざわざ高価なシステムを購入する必要はなく、表計算ソフト程度でも実現できるかもしれない。ご存知のとおり、会計システムにはそれ以外にもさまざまな機能が用意されている。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

  • 小田 恭彦

    (おだ・やすひこ)

    公認会計士・税理士

    大手監査法人で会計監査や株式上場支援、原価計算、予算制度設計など各種コンサルティング業務に従事。その後SAP、IFS ApplicationsなどERPシステムのコンサルタントとして50社以上の企業のシステム導入やそのマネジメント及びシステム導入を通じた業務改革コンサルティング業務などに携わる。

    グランバレイ株式会社 取締役
    -グランバレイソリューションズ株式会社 代表取締役
    小田公認会計士税理士事務所代表
    特定非営利活動法人日本IT会計士連盟 監事
    -日本公認会計士協会東京会コンピュータ委員会 委員長を歴任

関連書籍

関連セミナー/研修

Profession Journal » 労務・法務・経営 » 経営 » 〔税理士・会計士が知っておくべき〕情報システムと情報セキュリティ【第1回】「最近の会計システム事情」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home