Profession Journal » 労務・法務・経営 » 経営 » 〔税理士・会計士が知っておくべき〕情報システムと情報セキュリティ 【第7回】「失敗しない会計事務所選び(ITの視点から)」

〔税理士・会計士が知っておくべき〕情報システムと情報セキュリティ 【第7回】「失敗しない会計事務所選び(ITの視点から)」

筆者:小田 恭彦

文字サイズ

〔税理士・会計士が知っておくべき〕

情報システムと情報セキュリティ

【第7回】

「失敗しない会計事務所選び

(ITの視点から)」

 

公認会計士・税理士 小田 恭彦

 

顧客にとって会計事務所のITの利用度は、会計事務所を選ぶにあたっての重要な要素である。

今回は、「業務の効率化」「顧客情報の保全」「会計データ活用」という3つの観点から、会計事務所のITについて考えたい。

 

業務の効率化におけるIT

顧客にとって業務効率化における重要な点として、会計事務所との情報の受渡しの効率性がある。

日々の受渡しに関する業務量が多い業務のひとつに、記帳委託時の領収証や請求書等の各種証憑のやりとりがある。これにはいくつかの受渡方法があるが、もっともシンプルな方法は郵送である。

郵送の場合、会計事務所側は顧客から入手した各種証憑に基づき記帳業務を行った後、基本的にこれらを再び顧客に返却する。そして、顧客側は戻ってきた証憑類を保管することになる。シンプルであり、ITに依存しない方法であるが、一連の作業が完結するまでに日数を要する方法であり、証憑類の受渡漏れの問題が発生しやすいため注意が必要である。

別の方法としては、FAXがある。FAXを使って会計事務所にいわばコピー情報を渡すことにより、会計事務所との受渡しの際の紛失や返却漏れなどのトラブルが生じないというメリットがある一方、送信する証憑のボリュームいかんによっては手間や通信コストがかかる。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

  • 小田 恭彦

    (おだ・やすひこ)

    公認会計士・税理士

    大手監査法人で会計監査や株式上場支援、原価計算、予算制度設計など各種コンサルティング業務に従事。その後SAP、IFS ApplicationsなどERPシステムのコンサルタントとして50社以上の企業のシステム導入やそのマネジメント及びシステム導入を通じた業務改革コンサルティング業務などに携わる。

    グランバレイ株式会社 取締役
    -グランバレイソリューションズ株式会社 代表取締役
    小田公認会計士税理士事務所代表
    特定非営利活動法人日本IT会計士連盟 監事
    -日本公認会計士協会東京会コンピュータ委員会 委員長を歴任

関連書籍

関連セミナー/研修

Profession Journal » 労務・法務・経営 » 経営 » 〔税理士・会計士が知っておくべき〕情報システムと情報セキュリティ 【第7回】「失敗しない会計事務所選び(ITの視点から)」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home