Profession Journal » 労務・法務・経営 » 経営 » 〔税理士・会計士が知っておくべき〕情報システムと情報セキュリティ 【第12回】「情報システムと不正発見」

〔税理士・会計士が知っておくべき〕情報システムと情報セキュリティ 【第12回】「情報システムと不正発見」

筆者:神崎 時男

文字サイズ

〔税理士・会計士が知っておくべき〕

情報システムと情報セキュリティ

【第12回】
(最終回) 

「情報システムと不正発見」

 

公認会計士 神崎 時男

 

◎公認会計士業界の状況

情報システムの内部には、大量のデータが保存されていることは言うまでもない。

昨今「ビッグデータ」という言葉も登場しているが、こういった大量のデータは、販売促進を行うためのデータ分析に利用することが多い。

しかしながら、大量のデータは不正な取引を実施したときに現れるデータの異常性の検出に利用することも可能である。公認会計士業界の周辺においても、CAATを利用することによって、そういった対応が始まっている。

 

◎CAAT

CAATとは、“Computer Assisted Auditing Techniques”の略で、「コンピュータ利用監査技法」と訳される。

一般的な方法としては、監査人が基幹システム等から監査対象期間のデータを入手し、様々な観点からデータを検証する。勘定残高の合計チェック、利息や償却費の再計算、不正仕訳データの抽出など、対象となる企業やデータの特性に応じて必要な検証を行っている。
紙ベースの台帳や元帳からサンプルベースで検証するのに比べ、全件を検証対象とすることに大きな特徴がある。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

  • 神崎 時男

    (かんざき・ときお)

    公認会計士

    公認会計士試験合格後、大手コンサルティングファームにおいて、ERP導入支援コンサルティング業務等、IT関連のコンサルティング業務に従事。

    その後、大手監査法人の監査部門において、国内グローバル企業の財務諸表監査を中心に、上場準備支援業務等のアドバイザリー業務にも従事。さらに、ITと監査の経験を生かし、同監査法人内IT監査部門に異動し、US-SOX、J-SOXのIT内部統制監査のほか、SOX対応アドバイザリー業務にも従事。

    2008年に独立後、公認会計士神崎時男事務所、株式会社オーディターを設立し、IT内部統制監査、監査法人向けIT監査ツールの提供他、ITと業務を効率的、効果的に融合させたコンサルティングサービスを提供している。

関連書籍

Profession Journal » 労務・法務・経営 » 経営 » 〔税理士・会計士が知っておくべき〕情報システムと情報セキュリティ 【第12回】「情報システムと不正発見」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home