Profession Journal » 労務・法務・経営 » 経営 » 2019年株主総会における実務対応のポイント

2019年株主総会における実務対応のポイント

筆者:斎藤 誠

文字サイズ

2019年株主総会における

実務対応のポイント

 

三井住友信託銀行 証券代行コンサルティング部
部長(法務管掌) 斎藤 誠

 

いよいよ総会準備のシーズンとなってきたが、昨年に続き本年の株主総会でも大きな制度改正対応は見当たらない。しかしながら、本年2月に株主総会関係書類の電子提供を盛り込んだ会社法改正要綱が決定され、株主総会招集通知の原則ネット提供の実現が視野に入ってきた。

また、昨年改訂されたコーポレートガバナンス・コード(以下、CGコードという)に対応したガバナンス報告書の提出も昨年12月末までに実施されており、改訂CGコードへの対応状況などは、株主総会での説明に際して勘案しておく必要があるであろう。株主総会を株主との対話の場とする意識が高まる中、日本版スチュワードシップコードを受けて、機関投資家による議決権行使結果の個別開示による賛否への影響についても注目されている。

本年も株主総会に関する話題には事欠かない状況であり、ここでは足元の環境変化の動向も踏まえたうえで、株主総会における実務対応上の留意点を解説する。

なお、文中意見にわたる部分は、筆者の私見であることをあらかじめお断り申し上げる。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

  • 斎藤 誠

    (さいとう・まこと)

    三井住友信託銀行 証券代行コンサルティング部 部長(法務管掌)

    1986年 東京都立大学(現首都大学東京)法学部卒業
    2003年 早稲田大学大学院法学研究科修士課程修了
    2004年から2012年まで 国学院大学法学部非常勤講師
    長年にわたり証券代行業務に従事

関連書籍

Profession Journal » 労務・法務・経営 » 経営 » 2019年株主総会における実務対応のポイント

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home