Profession Journal » 労務・法務・経営 » 経営 » 〔知っておきたいプロの視点〕病院・医院の経営改善─ポイントはここだ!─ 【第17回】「7対1入院基本料と重症度・看護必要度」

〔知っておきたいプロの視点〕病院・医院の経営改善─ポイントはここだ!─ 【第17回】「7対1入院基本料と重症度・看護必要度」

筆者:井上 貴裕

文字サイズ

〔知っておきたいプロの視点〕

病院・医院の経営改善

─ポイントはここだ!─

【第17回】

「7対1入院基本料と重症度・看護必要度」

 

東京医科歯科大学医学部附属病院
特任講師 井上 貴裕

1 看護必要度とは何か

重症度・看護必要度は、今日の診療報酬で入院基本料等の様々な評価に用いられている。

図表1に示すように、A得点とB得点から構成されており、一般病棟用では、A得点が2点以上、B得点が3点以上の患者が全体の何割いるかという評価が行われる。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

連載目次

「〔知っておきたいプロの視点〕病院・医院の経営改善─ポイントはここだ!」(全24回)

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

  • 井上 貴裕

    (いのうえ・たかひろ)

    東京医科歯科大学医学部附属病院特任講師、病院長補佐

    医療政策学修士(MMA、東京医科歯科大学大学院)、経営学修士(MBA)
    医療法人の副理事長、大手監査法人を経て、現在は、長野市民病院、武蔵野赤十字病院、山形県立中央病院、諏訪赤十字病院、君津中央病院等のアドバイザーとして地域中核病院の経営を支えている。
    また、東京医科歯科大学医学部附属病院の病院長の経営参謀を勤めている。

    【主な著書】
    〔清文社〕
    ・『病院経営』(分担執筆)2010年4月
    ・『戦略的 病院経営マネジメント~医療の質と経済性の両立をめざす』(編著)2014年6月
    〔日本医療企画〕
    ・『日本の医療関連サービス』2010年5月
    ・『診療科別・病院経営戦略の理論と実践』、2012年2月
    ・『診療報酬制度と医業収益』2012年7月
    ・『だれでもわかる!医療現場のための病院経営のしくみ2』(分担執筆)2011年5月
    ・『医療経営白書2009年度版~DPC時代の戦略的病院経営~』2009年10月
    ・『医療経営白書2010年度版~病院グループの戦略的経営』2010年9月
    〔メディカ出版〕
    ・『学び直しのマネジメント基礎科目 国・数・英』2011年12月
    ・『算定もれ・持ち出しゼロの診療報酬マネジメントBOOK』2012年8月号

     

関連書籍

関連セミナー/研修

Profession Journal » 労務・法務・経営 » 経営 » 〔知っておきたいプロの視点〕病院・医院の経営改善─ポイントはここだ!─ 【第17回】「7対1入院基本料と重症度・看護必要度」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home