Profession Journal » 読み物 » 連載 » 令和時代の幕開けに思い馳せる会計事務所経営 【第8回】「経営は経営者の仕事ではなくチーム全体の仕事」~会議で培うチームビルディング~(組織論④:チームビルディング編)

令和時代の幕開けに思い馳せる会計事務所経営 【第8回】「経営は経営者の仕事ではなくチーム全体の仕事」~会議で培うチームビルディング~(組織論④:チームビルディング編)

筆者:杉山 豊

文字サイズ

令和時代幕開けにせる

会計事務所経営

【第8回】

「経営は経営者の仕事ではなくチーム全体の仕事」

~会議で培うチームビルディング~
(組織論④:チームビルディング編)

 

株式会社アーヌエヌエ
代表取締役 杉山 豊

 

ラグビーワールドカップで日本中が熱を帯びる中、その準決勝の日に筆を進めています。
日本代表のリーチ・マイケル主将の「One Team」とともに、ラグビーの精神論を語る上で「One for All, All for One」という言葉をよく耳にします。

「1人はチームのために、チームは1人のために」という解釈がされていますが、実はフランスの作家である、アレキサンドル・デュマの小説「三銃士」の中で、主人公とその仲間の三銃士が発した誓いの言葉として出てきます。

諸説ありますが、「1人はチームのために、チームは1つの目的のために」が本来の意味だそうです。

そう考えると、ラグビーはグラウンドで闘う15名の選手一人一人に役割があります。
一人一人がその役割を果たすことで1つの目的である「勝利」を掴む、そう解釈してもよいのかもしれませんね。

 

➤チームビルディングのヒントは「会議」にあり

さて、前置きが長くなりましたが、今回はチーム作りについて、すなわち「チームビルディング」についてお話をします。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

連載目次

令和時代幕開けにせる会計事務所経営

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

  • 杉山 豊

    (すぎやま・ゆたか)

    株式会社アーヌエヌエ 代表取締役
     

    1966年神奈川県小田原市生まれ。
    國學院大學卒業後、大手旅行会社での勤務を経て1995年にナショナル・ライフ保険(現エヌエヌ生命保険)に入社。
    代理店営業社員からキャリアを始め、支社長、統括部長、教育部長、子会社の代表者を歴任。50歳を機に一念発起し退職、2017年に株式会社アーヌエヌエを設立。
    現在は一部上場企業も含め数社と顧問契約、顧問先にはお世話になった保険会社、保険代理店、そして会計事務所も含まれている。主な業務は販路開拓に特化したマーケティング支援、社員教育支援等である。
    会計業界には専ら明るく、その経験や知識を活かして会計事務所の事業戦略立案から販路開拓、そして組織構築まで多岐にわたり支援している。
    今まで名刺交換した税理士先生は優に3,000名を超える。
    また、税理士団体等での講演も多数。
    ホームページ:https://anuenue.biz/

関連書籍

関連セミナー/研修

Profession Journal » 読み物 » 連載 » 令和時代の幕開けに思い馳せる会計事務所経営 【第8回】「経営は経営者の仕事ではなくチーム全体の仕事」~会議で培うチームビルディング~(組織論④:チームビルディング編)

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home