Profession Journal » 税務・会計 » 会計 » 解説 » 財務会計 » 収益認識 » [IFRS適用企業の決算書から読み解く]収益認識会計基準導入で売上高はどうなる? 【第3回】「「特大ハンバーガー、10分で完食したら無料!」は変動対価だった」

[IFRS適用企業の決算書から読み解く]収益認識会計基準導入で売上高はどうなる? 【第3回】「「特大ハンバーガー、10分で完食したら無料!」は変動対価だった」

筆者:石王丸 周夫

文字サイズ

[IFRS適用企業の決算書から読み解く]

収益認識会計基準導入
売上高どうなる?

【第3回】

「「特大ハンバーガー、10分で完食したら無料!」は変動対価だった」

 

公認会計士 石王丸 周夫

 

◆値段は1つではない

「特大ハンバーガーを10分で完食したら無料」といったたぐいのキャンペーンをたまに見かけます。そんな時に気になるのが、その店の売上高の計上方法です。

ハンバーガーの売価を1個2,000円とすると、以下の2つの方法が考えられます。

総額で計上する方法

まず、ハンバーガーを客に引き渡した時点で2,000円(@2,000円×1個)を売上計上する。この客が10分以内に完食できなければ、会計処理はこれでおしまいだが、客が見事完食すれば、代金の2,000円は受け取れないので、2,000円を集客費用と考えて販売費及び一般管理費に計上し、利益を0円とする。

純額で計上する方法

まず、ハンバーガーを客に引き渡した時点で2,000円(@2,000円×1個)を売上計上する。客がチャレンジに失敗すれば、売上高は2,000円のままだが、成功した場合は代金の2,000円を受け取れないので、売上から2,000円を控除し、売上高を0円とする。

どちらが正しいのかは、このあと見ていきたいと思いますが、それにしてもずいぶん高いハンバーガーですね。いったいどんなハンバーガーなんでしょうか。1個2,000円ですからね。しかし、完食すれば無料ですから、10分でたいらげる自信があれば、定価は0円になります。

つまり、この特大ハンバーガーの値段は、1つではないのです。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

関連書籍

関連セミナー/研修

Profession Journal » 税務・会計 » 会計 » 解説 » 財務会計 » 収益認識 » [IFRS適用企業の決算書から読み解く]収益認識会計基準導入で売上高はどうなる? 【第3回】「「特大ハンバーガー、10分で完食したら無料!」は変動対価だった」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home