Profession Journal » 労務・法務・経営 » 法務 » 今から学ぶ[改正民法(債権法)]Q&A 【第11回】「意思能力の明文化・意思表示に関する規定の見直し(その2)」

今から学ぶ[改正民法(債権法)]Q&A 【第11回】「意思能力の明文化・意思表示に関する規定の見直し(その2)」

筆者:奥津 周, 北詰 健太郎

文字サイズ

今から学ぶ

[改正民法(債権法)]

【第11回】

「意思能力の明文化・意思表示に関する規定の見直し(その2)」

 

堂島法律事務所
弁護士 奥津  周
司法書士法人F&Partners
司法書士 北詰 健太郎

 

【Q】

前回の解説で意思表示に問題があるケースのうち「心裡留保」の見直しについてはわかりましたが、「錯誤」と「詐欺」についてはどのように変わるのでしょうか。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

関連書籍

Profession Journal » 労務・法務・経営 » 法務 » 今から学ぶ[改正民法(債権法)]Q&A 【第11回】「意思能力の明文化・意思表示に関する規定の見直し(その2)」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home