Profession Journal » 税務・会計 » 会計 » 解説 » 財務会計 » 収益認識 » 〔経営上の発生事象で考える〕会計実務のポイント 【第17回】「工事進行基準案件で見積りの変更が必要な場合」

〔経営上の発生事象で考える〕会計実務のポイント 【第17回】「工事進行基準案件で見積りの変更が必要な場合」

筆者:田中 良亮

文字サイズ

〔経営上の発生事象で考える〕

会計実務のポイント

【第17回】

「工事進行基準案件で見積りの変更が必要な場合」

 

仰星監査法人
公認会計士 田中 良亮

 

Question

当社は建設業を営む会社である。当社では長期間かつ大規模な工事を受注し、施工を進めていくなかで、施主の要望に応じた設計変更や追加工事を行う場合がある。

このような場合に、どのような会計処理の検討が必要となるか。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

  • 田中 良亮

    (たなか・りょうすけ)

    公認会計士

    2011年に仰星監査法人に入所
    法定監査、上場準備会社向けの監査を中心に様々な業種の会計監査業務に従事する。

関連書籍

Profession Journal » 税務・会計 » 会計 » 解説 » 財務会計 » 収益認識 » 〔経営上の発生事象で考える〕会計実務のポイント 【第17回】「工事進行基準案件で見積りの変更が必要な場合」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home