Profession Journal » 税務・会計 » 税務 » 税務情報の速報解説 » 所得税 » 《速報解説》 国外中古建物の不動産所得に係る損益通算等の特例の創設~令和2年度税制改正大綱~

《速報解説》 国外中古建物の不動産所得に係る損益通算等の特例の創設~令和2年度税制改正大綱~

筆者:岩丸 涼一

文字サイズ

 《速報解説》

国外中古建物の不動産所得に係る損益通算等の特例の創設

~令和2年度税制改正大綱~

 

太陽グラントソントン税理士法人
マネジャー 公認会計士・税理士 岩丸 涼一

 

1 改正の背景

令和元年12月12日に公表された令和2年度税制改正大綱(与党大綱)にて、「国外中古建物の不動産所得に係る損益通算等の特例」として、富裕層などで行われている海外高額不動産投資を用いた節税に対しての対策が行われた。会計検査院の「平成27年度決算検査報告」において問題視されて以来、毎年改正されるのではないかと噂されていたが、本年度改正でついに節税策が封じられた。


○この記事全文をご覧いただくには、プロフェッションネットワークの会員(プレミアム会員又は一般会員)としてのログインが必要です。
○通常、Profession Journalはプレミアム会員専用の閲覧サービスですので、プレミアム会員のご登録をおすすめします。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

連載目次

◆ 「令和2年度税制改正大綱」に関する《速報解説》 ◆

(※) 各テーマごとに順次公開します。

【全体概要】・・・・・・・・
【所得課税】・・・・・・・・
【法人課税】・・・・・・・・
【消費課税】・・・・・・・・
【資産課税】・・・・・・・・
【国際課税】・・・・・・・・
【納税環境】・・・・・・・・
このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

  • 岩丸 涼一

    (いわまる・りょういち)

    公認会計士・税理士
    太陽グラントソントン税理士法人 マネジャー

    太陽有限責任監査法人を経て、2012年に同社に出向・転籍。上場企業及び中堅企業などの顧問業務・申告業務のほか、中堅・中小企業オーナーに対する相続対策・事業承継支援を中心とするコンサルティング業務に従事している。

関連書籍

関連セミナー/研修

Profession Journal » 税務・会計 » 税務 » 税務情報の速報解説 » 所得税 » 《速報解説》 国外中古建物の不動産所得に係る損益通算等の特例の創設~令和2年度税制改正大綱~

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home