Profession Journal » 税務・会計 » 会計 » 解説 » 財務会計 » 開示関係 » 基礎から学ぶ統合報告 ―IIRC「国際統合報告フレームワーク」を中心に― 【第1回】「「統合報告」とは何だろうか?」

基礎から学ぶ統合報告 ―IIRC「国際統合報告フレームワーク」を中心に― 【第1回】「「統合報告」とは何だろうか?」

筆者:若松 弘之

文字サイズ

基礎から学ぶ統合報告

―IIRC「国際統合報告フレームワーク」を中心に―

【第1回】

「「統合報告」とは何だろうか?」

 

公認会計士 若松 弘之

 

1  はじめに

みなさんがある企業の株式を購入しようか迷っているとして、どのような開示情報を見て判断するでしょうか?

その答えを出すために以下の会話を参考にしてみましょう。

Aくん
株を買って配当や値上がりの利益を得るためには、今後もその企業の業績が好調でなくてはならないな。将来を予測するためにはやっぱり最近の決算書や財務報告を見るのが一番でしょう。

Bさん
でも、最近の決算書といっても1ヶ月以上前のここ1年間の成績でしょう。それよりも、将来に向けた経営者の業績見通しやアナリストの評価の方が役に立つんじゃないのかな。

Cくん
いいや、売上や利益などの実績や財務数値の見通しだけでは、企業価値が上がるかどうかは分からないと思うな。結局、株価なんて多くの投資家が値上がりを期待して買い注文が入ると、結果的に上がるものなんだから・・・。最近は、ブラック企業でないとか、不祥事が起こらない仕組みとか、環境に配慮しているとか、そういうイメージの方が大事なのかもしれないよ。

さて、みなさんは3人のうち誰の考えに近いでしょうか。

どの考えにも一理あり、企業価値の成長分析に関していえば、絶対的に正しい見方はないというのが答えになるでしょう。
でも、それでは話が進みません。もし、私が将来にわたる企業価値の分析をするならば「企業の様々な開示情報を多角的な視点で分析し、重要なリスクがないことを確認する」ことを意識します。

では、様々な開示情報としてはどのようなものが挙げられるでしょうか。

以下は、比較的規模の大きな上場企業がIR情報(Investor Relations:投資家情報)としてウェブ上で開示している情報の一例です。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

  • 若松 弘之

    (わかまつ・ひろゆき)

    公認会計士 若松弘之事務所 代表
    公認会計士・税理士

    1995年 東京大学経済学部卒業後、有限責任監査法人トーマツ東京事務所に入所。監査部門にて、国内及び海外上場企業の法定監査業務とともに中小企業等の株式上場準備業務にも従事。
    2008年 有限責任監査法人トーマツを退職し、公認会計士若松弘之事務所を独立開業。
    各種実務セミナーや企業研修、早稲田大学大学院講師など、会計関連の人材育成に注力。
    その他、上場企業等の社外監査役や地方自治体の各種委員をつとめるなど幅広く活動。

    【著書】
    『こんなときどうする 会社の経理 Q&A』(共著、第一法規)

Profession Journal » 税務・会計 » 会計 » 解説 » 財務会計 » 開示関係 » 基礎から学ぶ統合報告 ―IIRC「国際統合報告フレームワーク」を中心に― 【第1回】「「統合報告」とは何だろうか?」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home