Profession Journal » 税務・会計 » 税務 » 解説 » 国税通則 » 小説 『法人課税第三部門にて。』 【第17話】「源泉徴収に係る所得税の調査(その3)」

小説 『法人課税第三部門にて。』 【第17話】「源泉徴収に係る所得税の調査(その3)」

筆者:八ッ尾 順一

文字サイズ

小説 『法人課税第三部門にて。』

【第17話】

 「源泉徴収に係る所得税の調査(その3)」

公認会計士・税理士 八ッ尾 順一

 

前回の続き)

「ということは・・・」

山口調査官は、少し考えながら、言葉を続けた。

「・・・もし、支給者である徴収義務者が受給者に対して源泉所得税を徴収しなかった場合でも、受給者は、本来支払うべき源泉所得税を、確定申告から控除をすることができるんですね」

山口調査官は、田村上席の顔を見て、確認する。

「そのとおりだよ」

田村上席は大きく頷く。

「しかし・・・そうすると、もし、支給者から源泉所得税を徴収できなくなったら、永久に、その税金は国庫に入らないということですか」


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

関連書籍

Profession Journal » 税務・会計 » 税務 » 解説 » 国税通則 » 小説 『法人課税第三部門にて。』 【第17話】「源泉徴収に係る所得税の調査(その3)」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home