Profession Journal » 税務・会計 » 税務 » 解説 » 国税通則 » 小説 『法人課税第三部門にて。』 【第9話】「優良法人の税務調査(その3)」

小説 『法人課税第三部門にて。』 【第9話】「優良法人の税務調査(その3)」

筆者:八ッ尾 順一

文字サイズ

小説 『法人課税第三部門にて。』

【第9話】

 「優良法人の税務調査(その3)」

 公認会計士・税理士 八ッ尾 順一

 

前回のつづき)

午後からは、睡魔との戦いである。

伝票をめくる渕崎統括官の手が止まる。瞼が重く、ついつい心地よい眠りに誘われる。
渕崎統括官は、眠りから逃れるために、異常な力を込めて伝票をめくった。

田村上席は、源泉徴収簿からパートの氏名とその支給額を写している。
時計の針は、午後2時を示している。

テーブルを挟んで座っている会長は、先ほどから眼をつむっている。吉田税理士は目を開けているが、時々、眠気を払うように、頭を振っている。齋藤課長は、頭を下げて、完全に眠っている。耳を澄ますと、小さなイビキが聞こえる。

「・・・ところで・・・」

渕崎統括官が声を発する。

「平成23年分の領収書の綴りは、どこにありますか?」

急に声をかけられた齋藤課長は、驚いた様子で頭を上げた。

「・・・平成23年分、ですか?」


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

関連書籍

関連セミナー/研修

Profession Journal » 税務・会計 » 税務 » 解説 » 国税通則 » 小説 『法人課税第三部門にて。』 【第9話】「優良法人の税務調査(その3)」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home