Profession Journal » 税務・会計 » 税務 » 解説 » 国税通則 » 小説 『法人課税第三部門にて。』 【第22話】「建設会社の税務調査(その1)」─不審─

小説 『法人課税第三部門にて。』 【第22話】「建設会社の税務調査(その1)」─不審─

筆者:八ッ尾 順一

文字サイズ

小説 『法人課税第三部門にて。』

【第22話】

「建設会社の税務調査(その1)」

─ 不 審 ─

公認会計士・税理士 八ッ尾 順一

 

渕崎統括官は少し苛々しながら、壁に掛かっている時計を見た。

午後6時を少しまわっている。

「遅いなあ・・・」

椅子に座りながら、呟く。

田村上席と山口調査官は、税務調査からまだ帰ってこない。

今日は2人で、河内税務署管内にある内藤建設の調査に出かけている。
内藤建設は、大手ゼネコンの下請けで、道路工事などの土木が中心の株式会社である。
河内税務署管内では比較的規模の大きい会社で、田村上席だけでは時間的に十分調べられないということで、山口調査官が同行している。

河内税務署では、毎週水曜日は職員が早く帰るように勧められている「早帰の曜日」となっている。
このため他の職員はすでに帰宅しており、法人課税第三部門は渕崎統括官しかいない。

すると、ドアの向こうから足音が聞こえてきた。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

関連書籍

Profession Journal » 税務・会計 » 税務 » 解説 » 国税通則 » 小説 『法人課税第三部門にて。』 【第22話】「建設会社の税務調査(その1)」─不審─

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home