Profession Journal » 税務・会計 » 税務 » 解説 » 国税通則 » 小説 『法人課税第三部門にて。』 【第8話】「優良法人の税務調査(その2)」

小説 『法人課税第三部門にて。』 【第8話】「優良法人の税務調査(その2)」

筆者:八ッ尾 順一

文字サイズ

小説 『法人課税第三部門にて。』

【第8話】

 「優良法人の税務調査(その2)」

 公認会計士・税理士 八ッ尾 順一

 

前回のつづき)

「債権者の合意書の結果通知書は、確定申告書を提出した後に、送られてきたのですが・・・」

齋藤課長は、吉田税理士に説明している。

「・・・だから、先生にこの雑損処理を相談したときは・・・この結果通知書は、まだ受け取っていなかったのです・・・」

吉田税理士は黙ったままである。

「・・・」

お昼時で、渕崎統括官と田村上席は食事のため、会議室にはいない。

「・・・まあ、とりあえず、食事をしましょう・・・」

会長が、会議室の机におかれた弁当を前にして、吉田税理士に声をかけた。

「そうですね・・・それでは、頂きます」

吉田税理士は、弁当を食べ始める。
会長も齋藤課長も、弁当の蓋を開けた。

「・・・ところでこの辺りに、どこか食べる所があるのですか?」

吉田税理士が会長に尋ねた。

「そうですね・・・あまり昼食をとるお店はないのですが・・・」

「税務署の人は、どこで食べるのでしょうかね?」


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

関連書籍

Profession Journal » 税務・会計 » 税務 » 解説 » 国税通則 » 小説 『法人課税第三部門にて。』 【第8話】「優良法人の税務調査(その2)」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home