Profession Journal » 労務・法務・経営 » 法務 » 事例で検証する最新コンプライアンス問題 【第10回】「大手製鋼所の工場における検査データの改ざん」

事例で検証する最新コンプライアンス問題 【第10回】「大手製鋼所の工場における検査データの改ざん」

筆者:原 正雄

文字サイズ

事例で検証する

最新コンプライアンス問題

【第10回】

「大手製鋼所の工場における検査データの改ざん」

 

弁護士 原 正雄

 

2017年10月8日、K製鋼が、アルミニウムや銅製品の一部で強度や寸法などを偽って出荷していたことを公表した。その後、K製鋼は「当社グループにおける不適切行為に係る原因究明と再発防止策に関する報告書」を作成し、同年11月10日、経済産業省に提出するとともに、公表した。

そこで今回は、本報告書及び各報道を元に、K製鋼におけるデータ改ざんについて、分析する。

 

1 不正の概要

K製鋼では、海外を含む17の工場において、検査データの改ざんが行われており、500社以上の取引先に影響が広がった。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

連載目次

「事例で検証する最新コンプライアンス問題」

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

  • 原 正雄

    (はら・まさお)

    弁護士。一橋大学法学部卒、中島経営法律事務所パートナー

    専門は、コンプライアンス、企業危機管理、消費者対応、製造物責任、知的財産、労務、セクハラ・パワハラ、証券取引、M&A、訴訟など企業法務

    主な著書に「社内規程整備で取り組む―中小企業のコンプライアンス対策」(清文社)、「図解 仕事の法律」(共著、三笠書房)、「ネットリスク対策なるほどQ&A」(共著、中央経済社)、「事例で見る借地借家契約の解除」(共著、新日本法規)など多数。
    論文執筆、講演・研修など多数。

    http://www.ntlo.net/partner/detail/id=15&contents_type=45

関連書籍

Profession Journal » 労務・法務・経営 » 法務 » 事例で検証する最新コンプライアンス問題 【第10回】「大手製鋼所の工場における検査データの改ざん」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home