Profession Journal » 税務・会計 » 会計 » 解説 » 財務会計 » IFRS » ストーリーで学ぶIFRS入門 【第16話】「連結財務諸表(IFRS第10号)、おさえるポイントは3つ!」

ストーリーで学ぶIFRS入門 【第16話】「連結財務諸表(IFRS第10号)、おさえるポイントは3つ!」

筆者:関根 智美

文字サイズ

ストーリーで学ぶ
IFRS入門

【第16話】
(最終回)

「連結財務諸表(IFRS第10号)、おさえるポイントは3つ!」」

仰星監査法人
公認会計士 関根 智美

 

連載の目次はこちら

● ○ プロローグ ○ ●

ようやく仕事がひと段落ついた桜井は、大きく伸びをして、肩を回す。窓の外を見ると、空はまだ明るい。日が長くなってきた証拠だ。

桜井は、とある中規模の上場メーカーの経理部に勤めている。5月も下旬に差しかかり、まだまだ忙しいものの、年度決算という繁忙期のピークが過ぎた経理部内の雰囲気も落ち着いてきた。

「お疲れさん。」と、桜井の隣に座っているイカツイ男性が声をかけてきた。2年先輩の藤原だ。藤原とは年末からしばらく険悪な関係が続いていたのだが、先月ようやく和解し、以前のように気軽な話をする仲に戻っている。

「今日は久しぶりに早く上がれそうです。先輩も順調そうですね。」

「ああ。この決算が終わったら、またIFRSプロジェクトが待っているけどな。」
藤原は溜息をついた。桜井の会社では、数年以内にIFRSを導入することが決まっており、藤原はそのプロジェクトチームの一員なのだ。桜井はメンバーには含まれていないものの、去年の夏から藤原にIFRSを教わっていた。

「僕が先輩からIFRSを教わり始めて、そろそろ1年になるんですね・・・」
桜井は感慨深げに言った。初めは教わる一方だった桜井も、最近では藤原に頼らず、自分から進んで本を開くようになっている。

「そう言えばそうだな。ちゃんと自主勉続けているか?」と、藤原が訊いた。

「もちろんですよ。今は忙しいから、専ら電車の中だけですけど。」

「へぇ。なかなか頑張っているじゃないか。」

「今朝は、IFRS第10号の連結財務諸表の章を勉強したんですよ。」
藤原の言葉に嬉しくなり、桜井は得意げに言った。今回の決算で初めて本格的に連結業務に携われたこともあり、桜井はIFRSの連結についても興味を覚えたからだ。

「そう言えば、連結について教えていなかったな。すっかり忘れていた。」
頬をポリポリ掻きながら、藤原が言った。IFRS導入決定後すぐに検討した論点であったこともあり、藤原の中では既に桜井に教えたつもりになっていたのだ。

「え、忘れてたんですか!?」

言い訳をするのも格好が悪いと思った藤原は、桜井にこう言った。
「俺も切りがいいところだから、今から簡単に説明してやるよ。今朝の復習になるだろ?」

「まぁ、しょうがないですね。それで手を打ちましょう。」

桜井の生意気な返事に口元を緩めた藤原は、桜井の頭を軽く小突いた。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

  • 関根 智美

    (せきね・ともみ)

    公認会計士

    神戸大学経営学部卒業
    2005年公認会計士2次試験合格
    2006年より大手監査法人勤務後、語学留学及び専業主婦を経て、
    2015年仰星監査法人に入所

    法定監査を中心に様々な業種の会計監査業務に従事する。

関連書籍

Profession Journal » 税務・会計 » 会計 » 解説 » 財務会計 » IFRS » ストーリーで学ぶIFRS入門 【第16話】「連結財務諸表(IFRS第10号)、おさえるポイントは3つ!」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home