Profession Journal » 労務・法務・経営 » 経営 » 〈IT会計士が教える〉『情報システム』導入のヒント(!) 【第1回】「自社に最適な『会計システム』を選定する手順」

〈IT会計士が教える〉『情報システム』導入のヒント(!) 【第1回】「自社に最適な『会計システム』を選定する手順」

筆者:坂尾 栄治

文字サイズ

〈IT会計士が教える〉

『情報システム』導入のヒント (!)

【第1回】

「自社に最適な『会計システム』を選定する手順」

 

公認会計士 坂尾 栄治

 

-連載に当たって-

この連載は、「日本IT会計士連盟」に所属する者が有志により、企業がさまざまな形態の『情報システム』を導入する際に遭遇し抱え込んでしまう“ありがちな疑問・問題”について取り上げ、その解決の糸口を示すことで、企業がスムーズにそのシステムを導入・運営できるよう手助けすることを目的とする。

 

筆者は職業柄、企業の成長や企業統合を機に、会計システムの更改を検討する企業のお手伝いをすることが多い。

では、それらの企業が、自社の業務に合った会計システムを選定するために、どのようなことを行っているのであろうか。

 

自社が『やりたいこと』を知る

システムを選定するためには、「そのシステムで何ができるのか」を知る必要がある。

しかしそれ以前に、「そのシステムに何をさせたいのか」を知ることのほうが、より重要である。

これには「どのような帳票が出力できる必要があるのか」とか、「どのようなシステムと連携させたいのか」等々、さまざまな要求がある。

乱暴な言い方をすれば、「機能が多いシステム=良いシステム」ということになるが、一般的には機能が多い分、価格も高くなる。このため、たとえ機能が多くても、その中の一部しか使わないのであれば、必要最低限の機能が備えられているシステムを選択したほうが経済的である。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

  • 坂尾 栄治

    (さかお・えいじ)

    公認会計士・税理士

    一般事業会社で、SEとしてシステム設計・開発に従事した後、あずさ監査法人にて監査に従事。その後、株式会社ジェクシードの設立に参画し取締役に就任。大手企業を中心に50社以上の連結システムの導入に携わる。
    連結決算を中心とするシステム開発やシステム導入、経理部門や購買部門の業務改善、内部統制の構築、評価といった領域でのコンサルティングを行う。

    ・株式会社アップライト 代表取締役
    ・株式会社レイヤーズ・コンサルティング バイスマネージングディレクター
    ・特定非営利活動法人日本IT会計士連盟 代表理事
    ・日本公認会計士協会IT委員会委員、日本公認会計士協会東京会コンピュータ委員会委員長
    を歴任

    【著作】
    『会計士さんの書いた情シスのためのIFRS』共著(翔泳社)

Profession Journal » 労務・法務・経営 » 経営 » 〈IT会計士が教える〉『情報システム』導入のヒント(!) 【第1回】「自社に最適な『会計システム』を選定する手順」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home