Profession Journal » 労務・法務・経営 » 経営 » 〈IT会計士が教える〉『情報システム』導入のヒント(!) 【第2回】「なぜ『導入したはずのシステムが使えない』のか?」

〈IT会計士が教える〉『情報システム』導入のヒント(!) 【第2回】「なぜ『導入したはずのシステムが使えない』のか?」

筆者:中原 國尋

文字サイズ

〈IT会計士が教える〉

『情報システム』導入のヒント (!)

【第2回】

「なぜ『導入したはずのシステムが使えない』のか?」

 

公認会計士 中原 國尋

 

-連載の目的-

この連載は、「日本IT会計士連盟」に所属する者が有志により、企業がさまざまな形態の『情報システム』を導入する際に遭遇し抱え込んでしまう“ありがちな疑問・問題”について取り上げ、その解決の糸口を示すことで、企業がスムーズにそのシステムを導入・運営できるよう手助けすることを目的とする。

 

はじめに

情報システムの導入により業務効率が向上し、利便性が高くなるはずにもかかわらず、「うちの会社のシステムは使えない」という話をよく耳にする。
なぜそのようなことが起こってしまうのか。
実施すべき手続とのギャップを見ながら、その理由に迫りたい。

 

システム導入の当初目的

情報システムの導入目的は、もちろん業務の効率化とそれに基づく生産性の向上にある。

情報システムの導入を検討するにあたっては、例えば、

  • 表計算ソフトで作成している帳票の作成を自動化したい
  • 入力項目を減らしたい
  • 手作業しているデータの集計を自動化したい

などのユーザー(利用者)ニーズを満たすことによって、業務が円滑に遂行できることを目標とするのである。

 

まずはユーザーニーズの抽出と確定

情報システムの導入は、一般に以下のステップで行われる。

(1) ユーザーニーズの抽出

(2) 実現するニーズの識別

(3) 要求仕様の確定

(4) パッケージの選定

(5) システム設定・カスタマイズ

(6) テスト

(7) リリース

まずは、新しいシステムに実現する機能を確定するために、ユーザーニーズを収集し、そのうちシステムに機能として実装するものを確定しなければならない。

ユーザーニーズの収集は担当部署に対するヒアリングをベースに行われるが、ユーザーに対してただ「実現したいこと」を問うても、具体的な話に落し込むのは困難であるため、現在の業務フローチャートを作成して、それをベースに議論を進めることが多い。

その中で現在の業務における不都合な点や問題点を相互に認識しながら、次期システムにおいて解決すべき項目を抽出する。

しかし、ここで抽出されたユーザーニーズをすべてシステム的に実現することは非現実的である。もちろん、ユーザーは自動化することにより業務が簡便になり効率化が進むと考えているが、本当に効果があるのか、優先的に対応すべきか否かについて判断しなければならない。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

  • 中原 國尋

    (なかはら・くにひろ)

    公認会計士
    システム監査技術者

    大手監査法人にて、会計監査やシステム監査、コンサルティング業務などに従事。その後株式会社レキシコムを設立し、現在に至る。
    情報システムに関連する業務コンサルティングのほか、組織改善コンサルティング、各種調査業務などを行っている。また、各種セミナーなどでの講演等の実績多数。

    株式会社レキシコム 代表取締役
    中央大学専門職大学院国際会計研究科 特任准教授
    青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科客員教授
    特定非営利活動法人日本IT会計士連盟 副代表理事
    日本公認会計士協会 IT委員会 専門委員

Profession Journal » 労務・法務・経営 » 経営 » 〈IT会計士が教える〉『情報システム』導入のヒント(!) 【第2回】「なぜ『導入したはずのシステムが使えない』のか?」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home