Profession Journal » 税務・会計 » 会計 » 解説 » 監査 » 内部統制監査 » 改めて確認したいJ-SOX 【第2回】「「内部統制」を構成する6つの基本的要素」

改めて確認したいJ-SOX 【第2回】「「内部統制」を構成する6つの基本的要素」

筆者:竹本 泰明

文字サイズ

めて確認したいJ-SOX

【第2回】

「「内部統制」を構成する6つの基本的要素」

 

仰星監査法人
公認会計士 竹本 泰明

 

内部統制報告制度(以下、「J-SOX」という)の基準である「財務報告に係る内部統制の評価及び監査に関する実施基準」(以下、「実施基準」という)では、内部統制は次のように定義されています。

内部統制とは、基本的に、業務の有効性及び効率性、財務報告の信頼性、事業活動に関わる法令等の遵守並びに資産の保全の4つの目的が達成されているとの合理的な保証を得るために、業務に組み込まれ、組織内のすべての者によって遂行されるプロセスをいい、統制環境、リスクの評価と対応、統制活動、情報と伝達、モニタリング(監視活動)及びIT(情報技術)への対応の6つの基本的要素から構成される。

筆者は、会計士試験の受験勉強をしていた当時、この定義を何度も読みましたが、何度読んでも「内部統制って何なのだろう?」とまったく把握しきれませんでした。

読者の中にも、同じような思いを抱えている方がいるのではないかと思います。

そこで今回は、J-SOXの概要を説明する前に「内部統制の概要」を説明し、内部統制とはいったい何なのかを明白にしておきます。

 

1 内部統制とは何なのか

(1) 個人商店の場合

例えば、読者のあなたが個人商店を営んでいたとしましょう。あなたは社長であり、お店はあなた1人で切り盛りしているという設定です。

この場合、お店の行動と社長の行動が一致し、お店を社長が自在に操れるということになります。

お店の行動 = 社長の行動


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

  • 竹本 泰明

    (たけもと・やすあき)

    仰星監査法人 マネージャー 公認会計士

    関西大学社会学部卒。大学在学中に公認会計士試験論文式試験に合格。
    2009年3月に中小監査法人に入所後、2014年7月に仰星監査法人に入所。
    金融商品取引法監査、会社法監査を中心に様々な業種の会計監査業務に従事する。

関連書籍

Profession Journal » 税務・会計 » 会計 » 解説 » 監査 » 内部統制監査 » 改めて確認したいJ-SOX 【第2回】「「内部統制」を構成する6つの基本的要素」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home