公開日: 2022/08/18 (掲載号:No.482)
文字サイズ

〈注記事項から見えた〉減損の深層 【第8回】「モノレールが減損に至った経緯」ー背景にある事業計画ー

筆者: 石王丸 周夫

〈注記事項から見えた〉

減損深層

【第8回】

「モノレールが減損に至った経緯」

-背景にある事業計画-

 

公認会計士 石王丸 周夫

 

〈はじめに〉

減損処理は、これまで見てきたとおり、資産の今後の収益性を織り込む会計処理です。つまり、会社の将来の姿を現在の決算書に反映させる処理ともいえます。

そのため、減損を実施した時点では見えにくかった背景が、1~2年ぐらいたってようやく見えてくることがあるのです。

今回は、東京モノレールの減損処理について、その将来像との関係を見ていきたいと思います。

 

〈今回の注記事例〉

事例の会社名:東日本旅客鉄道(以下、「JR東日本」という)

減損された事業の内容:モノレール鉄道業

事例の年度:2021年3月期

この記事全文をご覧いただくには、プロフェッションネットワークの会員(プレミアム
会員又は一般会員)としてのログインが必要です。
通常、Profession Journalはプレミアム会員専用の閲覧サービスですので、プレミアム
会員のご登録をおすすめします。
プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

〈注記事項から見えた〉

減損深層

【第8回】

「モノレールが減損に至った経緯」

-背景にある事業計画-

 

公認会計士 石王丸 周夫

 

〈はじめに〉

減損処理は、これまで見てきたとおり、資産の今後の収益性を織り込む会計処理です。つまり、会社の将来の姿を現在の決算書に反映させる処理ともいえます。

そのため、減損を実施した時点では見えにくかった背景が、1~2年ぐらいたってようやく見えてくることがあるのです。

今回は、東京モノレールの減損処理について、その将来像との関係を見ていきたいと思います。

 

〈今回の注記事例〉

事例の会社名:東日本旅客鉄道(以下、「JR東日本」という)

減損された事業の内容:モノレール鉄道業

事例の年度:2021年3月期

この記事全文をご覧いただくには、プロフェッションネットワークの会員(プレミアム
会員又は一般会員)としてのログインが必要です。
通常、Profession Journalはプレミアム会員専用の閲覧サービスですので、プレミアム
会員のご登録をおすすめします。
プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

連載目次

筆者紹介

石王丸 周夫

(いしおうまる・のりお)

公認会計士
石王丸公認会計士事務所

1968年生まれ。
1991年、慶応義塾大学商学部卒業。
1990年から2004年まで、監査法人トーマツ(現有限責任監査法人トーマツ)にて会計監査実務に従事し、多くの企業を担当。
2004年に石王丸公認会計士事務所開業。現在は、監査や上場企業へのディスクロージャー・コンサルティングを中心に活動している。

【主な著作】
・『経理財務担当者、士業のための 最短で導き出す分配可能額
・『パターン別 計算書類作成「うっかりミス」の防ぎ方
・『会社の姿が浮かびあがるカンタン経営分析 決算書あぶり出し分析法』(以上、清文社)

  

#