Profession Journal » 税務・会計 » 会計 » 解説 » 財務会計 » 退職給付会計 » フロー・チャートを使って学ぶ会計実務 【第25回】「退職給付引当金(簡便法)」

フロー・チャートを使って学ぶ会計実務 【第25回】「退職給付引当金(簡便法)」

筆者:西田 友洋

文字サイズ

フロー・チャートを使って学ぶ会計実務

【第25回】

「退職給付引当金(簡便法)」

 

仰星監査法人
公認会計士 西田 友洋

 

【はじめに】

今回は、退職給付引当金(簡便法)の会計処理について解説する。

退職給付引当金は、原則、数理計算により算定する。これを原則法という(【第14回】参照)。一方、従業員数が比較的少ない小規模企業等において、高い信頼性をもって数理計算上の見積りを行うことが困難である場合又は退職給付に係る財務諸表項目に重要性が乏しい場合には、期末の退職給付の要支給額を用いた見積計算を行う等の簡便な方法を用いて、退職給付引当金(退職給付に係る負債)及び退職給付費用を計算することができる(企業会計基準第26号「退職給付に関する会計基準(以下、「基準」という)」26)。この方法を簡便法という。

なお、連結財務諸表上では、退職給付引当金は「退職給付に係る負債」で表示する。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

連載目次

フロー・チャートを使って学ぶ会計実務

第1回~第30回

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

  • 西田 友洋

    (にしだ・ともひろ)

    公認会計士

    2007年に、仰星監査法人に入所。
    法定監査、上場準備会社向けの監査を中心に様々な業種の会計監査業務に従事する。
    その他、日本公認会計士協会の中小事務所等施策調査会「監査専門部会」専門委員に就任している。
    2019年7月退所。

Profession Journal » 税務・会計 » 会計 » 解説 » 財務会計 » 退職給付会計 » フロー・チャートを使って学ぶ会計実務 【第25回】「退職給付引当金(簡便法)」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home