Profession Journal » 税務・会計 » 会計 » 解説 » 財務会計 » 収益認識 » 〈桃太郎で理解する〉収益認識に関する会計基準 【第9回】「もしボス猿が陰にいたとしたら~本人か代理人かで異なる収益表示」

〈桃太郎で理解する〉収益認識に関する会計基準 【第9回】「もしボス猿が陰にいたとしたら~本人か代理人かで異なる収益表示」

筆者:石王丸 周夫

文字サイズ

桃太郎で理解する〉

収益認識に関する会計基準

【第9回】

「もしボス猿が陰にいたとしたら~本人か代理人かで異なる収益表示」

公認会計士 石王丸 周夫

 

1 “ひとかじり”しかできないサル

桃太郎のところへ、近くのサル山からサルがやってきた場面です。

「桃太郎さん、お腰につけたきびだんごを、1つ私にくださいな。」
「鬼ヶ島について来るならあげましょう。」
「もちろんついていきます!」
「では、1つあげよう。」

きびだんごをもらったサルは、さっそくその場でひとかじりしました。けれどもそれ以上は食べず、かじった残りを木の葉で大事に包みました。
「おや、それしか食べないのかい?」
「ボス猿に言われているのです。桃太郎さんからきびだんごを1つもらったら、ひとかじりだけして、残りは持って帰ってこいと。」
「ボス猿、ねぇ・・・」

実際の『桃太郎』には、ボス猿がいるという話はありませんが、ここではサルがボス猿の指示を受けて桃太郎のところにやって来たことにしてみました。

そこでは、サルが収益認識するにあたって検討すべきことがあります。

それは「収益の額をいくらにするか?」ということです。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

連載目次

桃太郎で理解する〉
収益認識に関する会計基準

・・・  以下、順次公開 ・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

関連書籍

Profession Journal » 税務・会計 » 会計 » 解説 » 財務会計 » 収益認識 » 〈桃太郎で理解する〉収益認識に関する会計基準 【第9回】「もしボス猿が陰にいたとしたら~本人か代理人かで異なる収益表示」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home