Profession Journal » 税務・会計 » 会計 » 解説 » 財務会計 » 収益認識 » 〈桃太郎で理解する〉収益認識に関する会計基準 【第14回】「もし桃太郎がイヌに成功報酬を出すと言ったら~変動対価で収益計上」

〈桃太郎で理解する〉収益認識に関する会計基準 【第14回】「もし桃太郎がイヌに成功報酬を出すと言ったら~変動対価で収益計上」

筆者:石王丸 周夫

文字サイズ

桃太郎で理解する〉

収益認識に関する会計基準

【第14回】

「もし桃太郎がイヌに成功報酬を出すと言ったら
~変動対価で収益計上」

公認会計士 石王丸 周夫

 

1 成功報酬はどのように会計処理するのか

今回は「桃太郎がイヌに成功報酬を出す」というお話に変えてみましょう。

鬼退治に出発した桃太郎が1人で歩いていると、イヌがワンワンとやってきました。
「桃太郎さん、お腰につけたきびだんごを1つ私にくださいな。」
「鬼退治について来るなら、あげましょう。」

「え~っ!鬼退治ですかァ!」
イヌは鬼退治と聞いてびっくりしました。きびだんご1つのために、命がけの仕事をするのはちょっとどうかと思ったようです。
その様子を見た桃太郎は、迷っているイヌに言いました。

「鬼退治が終わってから3ヶ月たっても、鬼ヶ島が平和であることが確かめられたら、ごほうびにもう1つきびだんごをあげるよ」
「えっ!? 本当ですか? それなら喜んでお供します!」

桃太郎は、鬼退治が完全に成功した場合に、きびだんごを追加することを提案しました。いわゆる「成功報酬」です。

この成功報酬は、イヌにとっては収益です。収益認識会計基準では、これをどのように会計処理するのでしょうか。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

連載目次

桃太郎で理解する〉
収益認識に関する会計基準

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

関連書籍

関連セミナー/研修

Profession Journal » 税務・会計 » 会計 » 解説 » 財務会計 » 収益認識 » 〈桃太郎で理解する〉収益認識に関する会計基準 【第14回】「もし桃太郎がイヌに成功報酬を出すと言ったら~変動対価で収益計上」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home