Profession Journal » 税務・会計 » 会計 » 解説 » 財務会計 » 収益認識 » 〈桃太郎で理解する〉収益認識に関する会計基準 【第17回】(番外編②)「もしおじいさんが桃太郎の絵本を出すことになったら~返品権付販売」

〈桃太郎で理解する〉収益認識に関する会計基準 【第17回】(番外編②)「もしおじいさんが桃太郎の絵本を出すことになったら~返品権付販売」

筆者:石王丸 周夫

文字サイズ

桃太郎で理解する〉

収益認識に関する会計基準

【第17回
(番外編②)

「もしおじいさんが桃太郎の絵本を出すことになったら
~返品権付販売」

公認会計士 石王丸 周夫

 

1 『桃太郎』の絵本を出版!

桃太郎が鬼退治から帰ってきて、少し落ち着いた頃のことです。
おじいさんが家の前で、山のように本を積み出しています。
桃太郎はそれを見て、おじいさんにたずねました。

「これはいったい何ですか?」
「見てのとおり。本じゃよ。こないだの鬼退治のことを絵本にして売るのさ。」
「えっ! 私の話を絵本にするのですか?」
桃太郎はびっくりして飛び上がりました。

「それで・・・本の題名は?」
「『桃太郎』じゃ。」
「・・・そのまんまですね。」

桃太郎は思わず笑ってしまいましたが、それよりも本当に売れるのかどうか心配です。
「いったい、どうやって売るんですか?」
「神社の前で定期市があるだろ。あそこで本を売ってくれる商人がいるから、その人に頼んで売ってもらうんじゃ。今から100冊届けるんだが、全部買ってくれるそうだよ。」

「でも、売れ残ったらどうするんだろうなぁ・・・」
「そこなんだがな。」おじいさんは小声で言いました。「残ったものは買い戻しになるんじゃよ。」

「・・・。」
桃太郎の心配は、尽きることがないようです。

今回は桃太郎の後日談として、おじいさんが絵本を出版する話にしてみました。

おじいさんが絵本を100部出版し、それを商人に売りさばいてもらいます。商人は、いったん100部すべてを引き受けますが、売れ残った部数については、すべておじいさんのところに返品します。すなわち、返品権付きの販売です。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

連載目次

桃太郎で理解する〉
収益認識に関する会計基準

〔番外編〕
このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

関連書籍

関連セミナー/研修

Profession Journal » 税務・会計 » 会計 » 解説 » 財務会計 » 収益認識 » 〈桃太郎で理解する〉収益認識に関する会計基準 【第17回】(番外編②)「もしおじいさんが桃太郎の絵本を出すことになったら~返品権付販売」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home