Profession Journal » 読み物 » 連載 » AIで士業は変わるか? 【第10回】「AIの進化がもたらす将来の税務の姿」

AIで士業は変わるか? 【第10回】「AIの進化がもたらす将来の税務の姿」

筆者:八ッ尾 順一

文字サイズ

AI

士業変わるか?

【第10回】

「AIの進化がもたらす将来の税務の姿」

 

大阪学院大学法学部教授
公認会計士・税理士 八ッ尾 順一

 

野村総研の「日本の労働人口の49%が人工知能やロボット等で代替可能に」というニュースリリース(2015.12.2)の見出しを知っている人は多いであろう。

AIによって、会計事務所の多くの仕事は、浸食されるという。税理士の業務は、税理士法2条及び同法2条の2において、税務代理、税務書類の作成、税務相談、会計業務、そして租税に関する訴訟の補佐人となっている。

この中で、は、税理士事務所の主たる業務である(は、将来において、AIによって全て代替可能になることはないので、この業務は税理士にとってますます重要になる)。の業務内容は数字を扱うことが多いことから、AIにふさわしい仕事である。今でもこの分野は、昔と比べるとコンピュータ化が進んでおり、会計・税務ソフトを使えば、簡単に確定申告書等は作成できる。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

連載目次

AIで士業は変わるか?
(全20回)

  • 【第7回】 デジタルで実現する未来の会計監査
    加藤信彦(新日本有限責任監査法人 アシュアランス・イノベーション・ラボ 統括責任者、公認会計士)
    小形康博(新日本有限責任監査法人 アシュアランス・イノベーション・ラボ、公認会計士)
このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

関連書籍

関連セミナー/研修

Profession Journal » 読み物 » 連載 » AIで士業は変わるか? 【第10回】「AIの進化がもたらす将来の税務の姿」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home