Profession Journal » 読み物 » 連載 » AIで士業は変わるか? 【第7回】「デジタルで実現する未来の会計監査」

AIで士業は変わるか? 【第7回】「デジタルで実現する未来の会計監査」

筆者:加藤 信彦 , 小形 康博

文字サイズ

AI

士業変わるか?

【第7回】

「デジタルで実現する未来の会計監査」

 

新日本有限責任監査法人       
アシュアランス・イノベーション・ラボ
統括責任者 公認会計士  加藤 信彦
公認会計士  小形 康博

 

会計監査はイノベーションの過渡期にある。第3次ブームとも言われるAI(人工知能)の進展と普及、業務の自動化を実現するRPA(robotic process automation)に注目が集まり、監査先企業に限らず筆者ら監査法人にとってもデジタル戦略が重要な経営課題になっている。

本稿では、デジタルを起点に、会計監査の将来像を示してみたい。なお、技術の進展は目覚ましく、あくまで執筆時点における筆者個人の一考察であることをお断りしておく。

 

デジタル情報とアナログ情報

多くのビジネスの現場では、デジタルとアナログが混雑している。

例えば、文章作成ソフトを使用して社内文書を作成し、それを印刷して承認者の上司の捺印をもらう。前半はデジタル情報であったものが、紙にした途端にアナログ情報になる。この場合、会計監査では上司が捺印した紙の資料を提示してもらい、アナログ情報を監査することになる。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

連載目次

AIで士業は変わるか?
(全20回)

  • 【第7回】 デジタルで実現する未来の会計監査
    加藤信彦(新日本有限責任監査法人 アシュアランス・イノベーション・ラボ 統括責任者、公認会計士)
    小形康博(新日本有限責任監査法人 アシュアランス・イノベーション・ラボ、公認会計士)
このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

  • 加藤 信彦

    (かとう・のぶひこ)

    新日本有限責任監査法人
    Digital Audit推進部長 / アシュアランス・イノベーション・ラボ 統括責任者
    公認会計士

  • 小形 康博

    (おがた・やすひろ)

    新日本有限責任監査法人
    Digital Audit推進部 / アシュアランス・イノベーション・ラボ
    公認会計士

関連書籍

関連セミナー/研修

Profession Journal » 読み物 » 連載 » AIで士業は変わるか? 【第7回】「デジタルで実現する未来の会計監査」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home