Profession Journal » 読み物 » 連載 » AIで士業は変わるか? 【第1回】「ITイノベーションがもたらす専門職の役割の変化」

AIで士業は変わるか? 【第1回】「ITイノベーションがもたらす専門職の役割の変化」

筆者:山口 峰男

文字サイズ

AI

士業変わるか?

【第1回】

「ITイノベーションがもたらす専門職の役割の変化」

 

PwCあらた有限責任監査法人
PwCあらた基礎研究所 所長
公認会計士 山口 峰男

 

Ⅰ はじめに

皆様がお読みになっているこの税務・会計Web情報誌の名称にある「プロフェッション」は、「専門職」を意味する言葉です。人工知能(AI)の活用される今日の情報社会は、同時に知識社会でもあります。監査及び会計の専門家としての公認会計士を含むあらゆる専門職は、社会において知識の管理・活用を任されている「門番(gatekeeper)」と説明されることがあります。

人間は生きていくために必要なあらゆる知識を自分ひとりで頭に詰め込み、活用することはできません。このため、社会は「専門家」と呼ばれる人々に個々の専門領域における知識の管理を任せ、その役割に見合ったある種の特別な地位(たとえば公認会計士という資格)を与えます。

本稿では、時代を超えて必要となる「社会の中で専門知識を行き渡らせ、活用する仕組み」との観点から、社会における門番との専門職の伝統的な役割を念頭に、今後AIを中心とした情報技術(IT)におけるイノベーション、技術革新によりどんな点が変わるのか、また、変わらないのかについて、これから実務の世界に入られようとしている若い世代の方々に、お考えいただくうえでの視点をご提供したいと考えています。また、実務家の方々にもお考えいただくヒントとなればと思います。

なお、ここで記述した見解はあくまでも筆者個人のものであり、所属する組織とは関係がないことを申し添えます。

 

Ⅱ ITイノベーションにより変わる役割

飛躍的な進歩を遂げたITの活用により、「印刷を基盤とした産業社会」は「テクノロジーを基盤とした情報社会」へと変貌を遂げつつあり、知識の生産や流通のあり方が大きく変わっています。

新しい社会では、知識の門番たる専門家の役割も大きく変わります。

まず、仕事はこと細かなタスクに細分化されます。単独で会計から税務まで、また営利企業から非営利組織、個人まであらゆる専門分野をカバーする、“スーパーマンのような会計士”像は、今日ではほぼ考えられなくなりました。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

連載目次

AIで士業は変わるか?

  • 【第7回】 デジタルで実現する未来の会計監査
    加藤信彦(新日本有限責任監査法人 アシュアランス・イノベーション・ラボ 統括責任者、公認会計士)
    小形康博(新日本有限責任監査法人 アシュアランス・イノベーション・ラボ、公認会計士)
  • 【第16回】 AIで不正会計はなくなるか? 5/31公開
    米澤 勝(税理士・公認不正検査士(CFE))
  • 【第17回】 AIの実用化で公認会計士の財務諸表監査は消滅するのか 6/7公開
    阿部光成(公認会計士)
  • 【第18回】 AIで税理士業は変わるか 6/14公開
    橋本 純(デロイト トーマツ税理士法人 パートナー、税理士)
  • 【第19回】 ITの進化・AIの活用と会計事務所業界 6/21公開
    伊原健人(公認会計士・税理士)
  • 【第20回】 「AIの進歩が会計専門家の業務に与える影響」 6/28公開
    中里拓哉(公認会計士・税理士)
このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

  • 山口 峰男

    (やまぐち・みねお)

    公認会計士 日本証券アナリスト協会検定会員
    PwCあらた有限責任監査法人 PwCあらた基礎研究所 所長

    2004年公認会計士登録。2007年7月のあらた基礎研究所の設立とともに「次世代の会計及び監査に関する研究会」に研究員(兼任)として参加し、2014年7月より所長(2016年7月より専任)。

    大手金融機関において法人融資及び主計業務に従事した後、2000年よりPwCネットワークに属する大手監査法人における金融機関向けの監査及びアドバイザリー業務、日本公認会計士協会奨学金による英国LSE修士課程への派遣(休職)、PwCグローバルチーム(ロンドン)派遣、品質管理部門(金融商品会計担当)を歴任。

関連書籍

関連セミナー/研修

Profession Journal » 読み物 » 連載 » AIで士業は変わるか? 【第1回】「ITイノベーションがもたらす専門職の役割の変化」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home