Profession Journal » 労務・法務・経営 » 経営 » 現代金融用語の基礎知識 【第8回】「会社役員賠償責任保険」

現代金融用語の基礎知識 【第8回】「会社役員賠償責任保険」

筆者:鈴木 広樹

文字サイズ

現代金融用語の基礎知識

【第8回】

「会社役員賠償責任保険」

 

事業創造大学院大学 准教授
鈴木 広樹

 

1 会社役員賠償責任保険とは

会社役員賠償責任保険とは、会社役員(取締役や監査役など)が役員として損害賠償責任を負うこととなった場合に備える保険である。D&O保険といわれることがある(D&OはDirectors and Officersの略)。

会社の従業員が従業員として損害賠償責任を負うということは滅多にない。犯罪行為をした場合くらいだろう。そのため、会社従業員賠償責任保険といった保険は成立せず、存在しない。しかし、会社役員には役員として損害賠償責任を負うリスクがあり、会社役員賠償責任保険が成立し、存在する。

そして、特に最近、保険会社がこの保険に力を入れつつある。

 

2 会社役員はどのような場合に損害賠償責任を負うのか?

会社役員が役員として損害賠償責任を負うこととなる場合とはどのような場合かというと、役員としての任務を怠って会社に損害を生じさせた場合である(会社法423条1項)。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

  • 鈴木 広樹

    (すずき・ひろき)

    事業創造大学院大学 准教授

    1995年早稲田大学政治経済学部卒業。
    証券会社勤務等を経て、2010年より事業創造大学院大学准教授。

    【主著】
    『タイムリー・ディスクロージャー(適時開示)の実務』税務研究会
    『株式投資に活かす適時開示』国元書房
    『株式投資の基本-伸びる会社がわかる財務諸表の読み方』税務経理協会
    検証・裏口上場-不適当合併等の事例分析』清文社
    『適時開示実務入門』同文舘
    税務コンプライアンスの実務』(共著) 清文社

関連書籍

Profession Journal » 労務・法務・経営 » 経営 » 現代金融用語の基礎知識 【第8回】「会社役員賠償責任保険」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home